波瑠、整形疑惑の真相告白「もっとぺちゃんこな鼻だった」

※画像は、日テレ公式@宣伝部Twitter(@nittele_da_bear)より

 

10月20日放送の『秋の超特大さんま御殿!』(日本テレビ系)に女優の波瑠がゲスト出演し、子どもの頃に比べて顔が変わったという整形疑惑について「もっとぺちゃんこな鼻だった」とコンプレックスを抱いていたことを明かした。

 

波瑠、鼻がコンプレックスで嫌だった

『最近テンションが下がりまくった事』というテーマで、ある女性が「同窓会に行った時、担任が自分のことを全く覚えていなかったこと」と投稿していた。これに対しMCの明石家さんまは「とんでもなく変わる子っていっぱいいるよな」と成長と共に容姿だけでは判断がつかなくなるという。しかし、小さい頃から全く容姿が変わっていないというガンバレルーヤのよしこに対しては「お前はああいう同窓会とか行ったらすぐわかるやろ?」と言い、これによしこも「遠くにいてもすぐに見つかります」と応じ、一同を笑わせた。

 

次にさんまは「波瑠さんはあんまり変わってない?」と話を振ると、驚くことに波瑠は「私はすごい変わったって言われます。整形したってすごい言われるんですよ」と答えた。そして「『鼻いじった!鼻いじった!』ってめっちゃ言われます」と話すと、さんまも「うそ!」と驚く。続けて波瑠は「鼻曲がってるんですよ」と鼻を指さすと「母親とか姉から『鼻の穴がデカくてホントに500円玉が入りそうだな』とか言われてたから、すごいコンプレックスで嫌で子供の頃からずっとこうやって自分で(鼻を)つまんで引っ張ってたんですよ。そしたらホントに変わったんですよ。もっとぺちゃんこな鼻だったんです私」と告白した。

 

これにさんまは「やっぱこう(つまんで引っ張ったり)したら伸びるもんなのか」と驚くと、波瑠は「洗濯バサミとかして」と道具も使ったと明かした。

 

すると、その横で必死に鼻をつまんでいるよしこに「よしこ、お前何してんねん」とさんまがツッコむ。これによしこは「それって今からでも間に合いますか?」と波瑠に質問。すると波瑠は「間に合うと思います」とまじめに答えていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ