鈴木愛理と岡崎紗絵が雑誌「Ray」でお互いの表紙ビジュアルをプロデュース!その出来栄えは!?




歌手・モデルの鈴木愛理さんと、モデル・女優の岡崎紗絵さんの2人が、10月23日(金)に発売の雑誌「Ray」12月号の表紙に登場します!

鈴木愛理さんは千葉県出身の現在26歳。2005年よりアイドルグループ「℃-ute」のメンバーとして活躍。2015年からは、「Ray」の専属モデル、歌手として活動しています。岡崎紗絵さんは愛知県出身の現在24歳。2012年より雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活動。その後は「Ray」の専属モデルに。2015年からは女優の活動も行っています。

「Ray」12月号は、プライベートでも仲がいいという鈴木さんと岡崎さんが、お互いに表紙ビジュアルをプロデュースした2パターンで発売。この企画はなんと「プライベートでもリアルに仲がいい鈴木愛理と岡崎紗絵だからこそ、お互いの魅力を引き出せるのでは?」という編集部の無茶ぶりから始まった企画だそうです。

「Ray」の撮影後、編集部に呼ばれた2人は、いきなり「お互いがそれぞれの表紙とカバーガールをプロデュースしてもらいます。お互いの魅力を最大限に引き出してください」と編集長より伝えられ、企画がスタート。世界感のテーマから、ヘアメイク、衣装などもすべて考え、お互いの撮影まで立ち会ってできた、正真正銘のプロデュース企画となっています。

2人は今回の企画について以下のようにコメント。

鈴木愛理さん

「撮影のあとは、お互いひたすら『あんた可愛いよ』ってほめあう電話をしていたくらい、すごく大満足。結果、誌面は素の色っぽさみたいなおしゃれなビジュアルになりましたが、天然なところもお届けしたかった(笑)」

岡崎紗絵さん

「相手が愛理でほんとによかったです。仲がいいからこそお互いに“ここが可愛い”って自信を持って伝えられたと思います。撮影が終わったあとは、感動して涙がとまらないくらい大満足! この企画、大成功です!」

鈴木愛理さん、岡崎紗絵さんが表紙を飾る「Ray」12月号は10月23日(金)に発売です。
Ray(レイ) 2020年11月号 (2020年09月23日発売)
Fujisan.co.jpより

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ