もう無理かぁ…好きな人にどんな対応をされたら諦める?




好きな人に頑張ってアプローチをしても「あ、もう無理かも」と感じる瞬間は出てくるもの。思いだけではどうにもならないからこそ、くじけてしまうこともあるのです。好きな気持ちだけでは恋は継続しないものですよね。
ここでは、好きな人にどんな対応をされて諦めたことがあるのか、エピソードを聞いてみました。

2度目の食事デートに誘われない

「1回目の食事デートは相手から誘ってもらって、私も期待しておでかけ。すごく楽しかったから私も毎日積極的にLINEを送り続けたり『また食事に誘ってください』ってアピールしたりしたのに音沙汰なし。ああ、1回目のデートで私は対象外になったんだな……って気づいて結構ショックだった」(20代/看護師)

▽ 1回目のデートをしたうえで、誘っているのに2度目のデートに乗り気でない様子を見て「もう無理なんだな」と諦めたようです。デートをしていないなら可能性はありますが、デートをしたあとに連絡がないとなるとさすがに難しい気がしますね。

LINEの返事が2日後

「頑張ってお店をリサーチして食事デートに誘ったら、返事が2日後でしかも『忙しいのでまた調整して連絡します』って言われたとき。私も好みじゃない相手にする対応と同じだったから、ああ私はこの人の好みからはずれたんだな、諦めようって思った」(20代/公務員)

▽ 入念に調べたうえで誘っているのに、返事が2日後。さらに“忙しいのでこちらから連絡する”との返事。忙しいというのは、自分のデートより優先するものが多いという証拠。自分に対する優先順位が低いということに気づかされて諦めたそうです。

一緒にいるのにスマホばかり見ている

「マッチングアプリでマッチングした相手との初デート。お互いのことをいろいろと話す段階だと思うのに、相手は私といる間も、私が話しているときでさえスマホばかりを見ていて絶句。見た目がものすごく好みで会う前から好きになっていたけど、その対応を見てナシだなーって思って連絡をとっていない。私のことがタイプならそんな対応しないよね?」(20代/IT)

▽ せっかく一緒にいるのに、スマホばかりを見ている様子をみて「ああ私に興味がないんだな」と諦めたそう。失礼な対応をしてもいい相手だと思われている時点で、先がないことに気づいたそうです。

何も質問されない



「友達の紹介で会った相手に、何も質問されなかったとき。こっちからは家族構成とか出身地とか学校のゼミの話とか、いろんな質問をしているのに私への興味はゼロ。仕方がないから私が自分で『こうだったんですよ』って伝えても話は広がらず。私への興味がなさすぎてやめた」(30代/金融)

▽ 自分は相手に対してたくさん質問しているのに、相手からの質問はゼロ。話を盛り上げる気がないことに加え、興味を持たれていないということをまざまざと感じ、やめようと思ったそう。自分がいくら乗り気でも、相手がそうでなかったら難しいと感じますよね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ