大久保佳代子、明石家さんまの朝イチの心遣いに一喝 「一番イヤ」

fumumu


大久保佳代子

20日放送の『秋の超特大さんま御殿!!』 (日本テレビ系)に、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子さんが出演。

MCの明石家さんまさんの、女性の対する朝の心遣いを「間違い」だと叱りました。

■女性はスッピンがイヤ!


大久保さんは“朝イチから喋りまくる男”がムリなんだそう。朝早く仕事に行ったとき、「まるで見張っていたのかのようにすかさず楽屋に入ってくるスタッフが苦手」と語りました。

「朝は基本的に女性は低血圧なのでテンションが低い」の発言に「気づかなかった」と驚くさんまさん。「それよりイヤなのが、スッピン。メイクは鎧みたいなもので…」と大久保さんが続けると「俺たちはノーメイクの寝起きの人が来たら(高いテンションでしゃべって)元気をあげようと思う」とさんまさんは切り返します。しかし、女性陣は「いらんいらん」と口を揃えます。

それでもなお、さんまさんは「あと1時間で始まるんでしょ」と、収録までの少ない残り時間で元気づけようとしていることを明かしますが…。

関連記事:明石家さんまがバービーのTikTokに降臨! 女芸人へのアドバイスも話題

■さんま「65年を反省した」


出演者の女優・南果歩さんは「朝から喋る男ナンバーワンでしょ」と鋭いツッコミ。この言葉にさんまさんは「ヨイショして元気をあげて現場に向かってもらうことをポリシーとしていた」と告白し、「えー」とブーイングが起こる一幕も。

さんまさんは「元気づけてあげなあかんなあ。眠たいんやろなあ」と善意の行動だったことを説明しながらも、女性は自分のタイミングでテンションをあげていくことを知り「もっと前に言ってほしかった」と落胆。

そして「65年を反省している。大間違いだった」と反省の色をみせました。

■朝から「でんなぁ」は頭痛が


また、さんまさんが相手のテンションをあげるもうひとつの理由は、「俺も眠いから」だそう。それにも女性陣から「勝手にひとりでやって」と冷たく反論されしまいますが、「ひとりでやってるねん」と楽屋でも自身のテンションをあげていることを暴露。

そこで「さんまさんだったらオーケーでは?」と、出演者の俳優・武田真治さんが助け舟を出すも、大久保さんから「さんまさんの声なんて朝イチ一番イヤですよ」と強力な一撃を食らってしまいます。

その後も「朝のニュースもできるわ」と反撃しますが、「朝向きじゃないでしょ」とツッコまれ続けるさんまさんでした。

■「朝からテンション高くて疲れそう」


ネット上では「さんまさんといると朝からテンション高くて疲れそう」とやはり逆効果になっているコメントが寄せられました。

また、「さんまちゃんってリアルでも話す時テンション高いというか明るいん?」と、プライベートでもテレビで見せるテンションの高さと同じなのか不思議に思う視聴者も現れました。

大久保さんの発言が、思いがけずさんまさんの反省を促す結果になりましたが、異性も同性でも”朝のメイク前”の女性には様子を見たほうがよさそうですね。

・合わせて読みたい→下品だと言わないで…個性的すぎる特徴的な笑い声に悩んだ経験談

(文/fumumu編集部・汐入実花)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ