ASMRボイスなテレワークができそうなゲーミングギア「IMMERSE GH61」

1024-0
Image: MSI

音楽リスニング用ヘッドホンとしても良さげじゃない?

隙がない、と言えばいいのかな。MSIがリリースしたゲーミングヘッドセット「IMMERSE GH61」の機能&性能が、「自宅で使うならコイツで充分」感が満ちあふれているのです。

まず音質部分から。USBドングルにはESS製SabreシリーズのDAC/アンプチップが入ってる。型番は非公開ですが、ノイズの多寡を示すSN比が121dBとめっちゃ優秀ですしダイナミックレンジも広い。歪み率を示すTHD+N特性も0.00017と極めて低く、いいモン載せてるじゃんかダンナといいたくなる。
SCENARIO-bg
Image: MSI

音を奏でるドライバーユニットも、ONKYO製の40mmドライバーを採用。くわえてバーチャルサラウンドソフトNahimicを使うことで、音の鳴っている方角・距離がシャープにつかめる再生能力を手に入れたみたい。てかこの解説グラフィック、感覚的にわかりやすいな。
1024-2
Image: MSI

Nahimicはマイクが捉えた声からノイズをカットする機能も備えており、こっちの声もキレイになります。チームメンバーにASMRな自分の声を届けられると思うと、ちょっと照れますが。

そうそう、マイクが収納式なのもいいよね。
1024-5
Image: MSI

頻繁に持ち歩くものではないにしても、収納モードへのトランスフォームはありがたい。ワーケーション時のヘッドセットとしてもアリでしょ。

気になるお値段は、だいたい1万1300円。キャリングケース、フィット感の違う別素材交換用イヤーパッドつき、アナログ接続もできる仕様でこのお値段はコスパいいね。

Source: MSI

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ