ビリー・アイリッシュ、最先端のXR技術を駆使した自身初のバーチャル・コンサートの詳細を発表

Billboard JAPAN



ビリー・アイリッシュが、近日予定されている【WHERE DO WE GO? オンラインライブ】の詳細を明らかにした。同ライブは、ビリーの地元である米ロサンゼルスから日本時間2020年10月25日午前7時にライブ中継され、チケット購入者であれば24時間視聴アクセスすることができる。

今年1月に開催された【第62回グラミー賞】で、史上最年少18歳で主要4部門に加えて合計5部門を受賞し、今や時代を象徴する存在として世界中を席巻しているビリー・アイリッシュ。このスーパースターが行う自身初のオンライン・ライブでは、参加者が自宅にいながらもビリーの世界に没入できるよう、複数のカメラ、アングル、3D技術を用いた最先端のXR技術が駆使される。ビリーはフル・セットのライブを披露する予定で、世界中にいるビリー・アイリッシュのファンが、リアルタイムでビリーのライブを視聴する“一生に一度”かもしれない貴重な体験になる。

さらに、ライブの1時間前となる日本時間10月25日午前6時から、PRE SHOWの開催も発表。ここでは、R・J・カトラー監督による待望の最新作で、来年2月にApple TV+での公開予定のドキュメンタリー『Billie Eilish: The World's A Little Blurry(ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている)』の未公開映像が解禁される予定だ。また、スペシャル・ゲストの出演が予定されている他、イベント・パートナーである、Beats、Blohsh、Crew Nation、Fender®、Gucci、Live Nation、Postmates、Support + Feed、Verizonといったパートナーからのプレゼントやコンテスト、独占コンテンツの配信が予定されている。ビリー・アイリッシュはさらなる追加情報について、彼女のSNSで発信していく。

同ライブの開催に協力したMoment Factory(2020年の【WHERE DO WE GO? ワールド・アリーナ・ツアー】のプロデュースを担当)とビリーは、何カ月もかけてこの準備を進めてきた。【WHERE DO WE GO? オンラインライブ】は、今年の開催が延期となったアリーナ・ツアーからインスピレーションを得ており、ファンにとっても一生に一度の体験となる同ライブでは、事前に選ばれた500名のファンが、ショーを通してビリーとリアルタイムでバーチャルの交流ができるなど、これまで見たことのない、新しくエキサイティングな要素も盛り込まれている。

ビリーは兄のフィニアスと、長年一緒にツアーを周っているドラマーのアンドリュー・マーシャルと共にパフォーマンスを行う。LEDを搭載した30m x 7.3mの360度スクリーンで囲まれた18m x 7.3mのステージで、3D映像を融合させたリアルタイムのライブ配信を行うとのことだ。

特設サイト上では、公演当日まで、チケット購入者全員を対象に、ビリー・アイリッシュの限定グッズを販売中。この売上の一部は、新型コロナウイルスで被害にあったイベントやコンサート、ライブツアーの裏方スタッフを経済支援する世界規模の基金「クルー・ネイション」(Crew Nation)に寄付される。

◎配信情報
【WHERE DO WE GO? オンラインライブ】
日本時間2020年10月25日午前7時から
https://livestream.billieeilish.com/

Photo: Kenneth Cappello

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ