函館「香雪園」で、もみじフェスタ開始! 穴場スポットで秋を堪能する休日

fumumu


香雪園函館市の見晴公園内にある「香雪園」で「はこだてMOMI-G(もみじ)フェスタ」が17日からスタート。

まだまだ染まりきってはいませんが、穴場スポットともいえる庭園にfumumu記者が訪れてみました!

画像をもっと見る

■1日乗車券がお得


函館駅から香雪園までは、車が無い場合はバスがおすすめ(所要時間40分ほど)。

乗車するバスの停留所からは、他にも「湯倉神社」やクッキーで有名な「トラピスト修道院」、また「五稜郭タワー」にも行ける(※乗り換え有)ので、800円でバスが乗り放題になる、函館バス専用1日乗車券「カンパス」がお得です。

香雪園

こちら、購入したらコインでその日の数字を削るという仕様。早速別の月を削りかけ、焦りました。誰もそんなミスしないかと思いますが、念のためお気をつけください。

香雪園

1日乗車券は、バスに追加して路面電車が乗り放題になるものもあるので、必要に応じてチェックするとかなりお得に観光できるかと思います。

関連記事:函館ワーケーション開始から、1週間経って気づいたメリット・デメリット

■明治の豪商の庭園


バスに揺られ、市街からどんどん静かな住宅街に入って行く頃、目的地に到着しました。香雪園は見晴公園の中にある、明治の豪商・旧岩船氏の庭園。昭和2年に市民に無料開放された、道内で唯一の国指定文化財庭園なのだそう。

香雪園

毎年、10月下旬から11月中旬にかけて紅葉を楽しめるという函館。ここ香雪園も紅葉の名所で、毎年「はこだてMOMI-G(もみじ)フェスタ」を開催しています。今年はコロナの影響でライブや展示は無しだそうですが、カエデ並木が夜になるとライトアップされるそう。

香雪園

敷地内に入っていくと、めちゃくちゃ静かで木々のサワサワ…という音が気持ちいい。これは素晴らしい穴場スポットの予感です…。

■野生のリスも登場


風景式庭園である施設内はかなり綺麗に整備されており、様々な木々で出来上がる緑の天井がとても気持ちよくて、思わず上を見上げながら歩いてしまいます。

香雪園

今年は、色づくのが少し遅れているようで、まだまだ緑の葉っぱが多い様子。それでも、これからの色を想像しながらグラデーションの美しさを堪能できます。

香雪園

施設内は、舗装されたコンクリートの道が続く一方、土や苔がそのままになっているゾーンも歩くことが可能。こちらは土の香りを感じられるので、より一層自然の魅力が堪能できます。

香雪園

なんと、野生のリスも発見! THE・リスといったゴハンを頬張っているショットを撮ることに成功。

香雪園

かなり遠くからではありますが、長時間見ていたのにもかかわらず、逃げることも警戒することもなく。人馴れしているのかもしれませんね。

■純和風家屋も見学できる


香雪園は、建物も魅力的! 敷地内にある純和風の建物「園庭」は、無料で中を見学することができます(※4月~11月まで)。

香雪園

中は茶室風になっており、かなり趣のある作り。お庭を眺めることもできるので、ぜひ通り過ぎずチェックしたいところ。

香雪園

また、敷地内に入ってすぐのところには「緑のセンター」も。こちらには自販機や、木製の机や椅子、また綺麗なお手洗いもあるので、一通り歩いたあと休憩できるのが嬉しいですね。

香雪園

今回は、日中の探索となりましたが、ライトアップされた紅葉もチェックしたいところ。旅行で来た際は、バスにゆられてユックリ静かなひとときを過ごすのもいいかもしれません。

【香雪園】
住所:函館市見晴町56
開園時間:園亭9:00~17:00 緑のセンター8:45~17:30
★「はこだてMOMI-Gフェスタ」10/17~11/8

・合わせて読みたい→超ディープ『熱海秘宝館』体験レポ これぞ大人のテーマパーク!

(文/fumumu編集部・ヨザワ マイ)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ