『極主夫道』玉木宏、エアロビしているだけで爆笑?「再現度高すぎる」「キメ顔やめてw」

dwango.jp news


「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化。極道のスーパー専業主夫・龍を玉木宏が演じる日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)の第2話が18日に放送された。

かつてのライバル・虎二郎(滝藤賢一)と再会した龍(玉木)。虎二郎は“剛拳の虎”と呼ばれ、“不死身の龍”と双璧をなす伝説の極道だった男。彼は刑務所から出所してきたものの、所属していた組がつぶれて行き場を失い、クレープを売っていた。

龍が専業主夫になったと知り、驚く虎二郎。「専業主夫?笑かすなや!!」虎二郎に挑発される龍。龍と虎二郎は、にらみ合い、火花を散らす。その様子を見ていた雅(志尊淳)は、伝説の極道同士の戦いが始まると胸を高鳴らせる。



ところがはじまったのは、“剛拳の虎”“不死身の龍”によるスイーツ対決。虎二郎は「トロピカルフルーツジャンボデラックススペシャルクレープ」を、龍は「杏仁豆腐とフルーツジャムのイチゴ添え」を作り上げ、1時間後についたインスタのいいね数で競うことに。結果は1対1でドロー。この投稿とともに、現実のインスタグラムアカウント「tatsu73674_」もリアルタイムで更新されており、視聴者は「本当にインスタ更新されてて草」「相変わらずアホでオモロいww」「平和な世界」と盛り上がったうえ、滝藤演じる虎二郎に対する「虎二郎がまたええ味出しとんな」「虎二郎役滝藤さんの広島弁が好き。」などといった称賛の声も寄せられた。

スイーツ好きの龍は、娘・向日葵(白鳥玉季)に「ちょっと太った?」と言われてしまったことをきっかけにダイエットを始める。体験入会したフィットネスクラブで、エアロビクスに挑戦。主婦たちに混じり、コワモテながら笑顔で切れの良いダンスを披露する龍の姿は「エアロビの表情が再現度高すぎるわw」「笑顔エアロビ最高」「キメ顔やめてw」「玉木宏がエアロビしてるのだけでもおもしろいw」と多くの視聴者を笑わせた。

そんななか、龍が住む火竜町婦人会の会長・田中と隣町の水竜町婦人会の会長・山本が揉めたことをきっかけに、2つの婦人会は“喧嘩祭”を行うことに。そのことを偶然カフェに居合わせた大前ゆかり(玉城ティナ)のスマホで見た雅は、思わずゆかりのスマホを取り上げ、現場に直行。

“喧嘩祭”が決着した頃、スマホを持ってきてしまっていたことに気づいた雅。「どうしようこれ」と困っていると、ゆかりが現れ「金髪!スマホ返してよ!」とスマホを奪い返す。その瞬間、雅の視界に映るゆかりに後光が差し、柔らかな風が美しい髪をなびかせる。雅の元にも風が吹き込み、雅は衝撃を受けたように目を見開くと、そのままゆかりを見つめ静止。ゆかりは「なに?なんなのこの金髪」とつぶやいて現場を後にするも、雅はその後ろ姿に釘付けになり、動けないのだった。

この描写に視聴者は「雅に風吹いた!!!!」「雅くん、恋に落ちた?」「玉城ティナと志尊淳の組み合わせはアツい」と大興奮。次週以降、雅に訪れた恋の予感?からも目が離せない。

『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠

第3話 10月25日(日) よる10:30~

制作著作:読売テレビ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ