加藤浩次、番組復帰でコロナ渦の不調に注意喚起 “スッキリ”な姿にも反響

fumumu


加藤浩次

19日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で、高熱と肺炎の疑いで入院をしていた、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次さんが復活しました。その姿に多くの反響が寄せられています。

■11日ぶりの復帰


番組冒頭で11日ぶりに番組に復帰した加藤さんに、水卜麻美アナウンサーや、ハリセンボンの近藤春奈さんから「おかえりなさい」と声をかけられるなか「ご迷惑をおかけしまして」と挨拶をしました。

9日朝の時点で、37.5度の発熱があったのだそう。とはいえ、鼻水などの風邪の症状はあまりなかったため、新型コロナを疑いPCR検査を受けることになったという加藤さん。

翌日の検査結果では陰性。しかし、そこから熱が39度以上まで上がり再び病院へ。そこで医者から「ちょっと普通じゃない」とされ、大学病院へ入院し、CTスキャンと二度目のPCR検査を受けることになった…と、入院までの経緯を改めて説明しました。

関連記事:水卜アナの朝ごはんに仰天 コロナ後にそなえたダイエットも実施中

■コロナに目が行きがちだけど…


CTスキャンでは肺に影が映ったそうですが、新型コロナで見られる影とは違ったこととPCR検査でも再び陰性だったため、最終的に「細菌性肺炎」の診断となったようです。

その後は、マッチする抗生剤が見つかり復帰に至った加藤さん。昨今の状況では、どうしても新型コロナに目がいきがちですが、「違う病気の可能性もありますから」と自身の体験をもとに語ります。

また「(コロナを)疑っている間に他の病気が進行する可能性もある」と医者の言葉も紹介し、コロナ渦における体調不良への対応に、注意喚起をしました。

■目の大きさに反響


高熱や検査で10日あまりをすごした加藤さん、画面越しでも顔がほっそりしたように見受けられますが、周囲にも「痩せた」と言われたそう。

この言葉に水卜アナウンサーや春菜さんも「ほんとにスッキリされて」「やつれた感じとかじゃなくて」「目もちょっと大きくなって…」と声をかけます。

お見舞いに来た妻からも「そんなに目おっきかったけ? と言われた」と笑いながら夫婦の会話を明かしました。

■「コロナじゃ無くて良かった」「復帰おめでとう」


復帰に喜ぶ番組メンバーですが、ツイッターでも「加藤浩次さんがスッキリに帰ってきた!」「めっちゃうれしかったです!」「コロナじゃ無くて良かった」「復帰おめでとう」と、喜びの声があふれました。

また、「もう大丈夫なんか!?」「無理しないでくださいね」と心配の声が上がりつつも「顔がスッキリしてる」「確かに目が大きいw」と変化に対するコメントも。

ホッソリしたものの「一週間ぐらいしたらまた戻ると思うんで」とスタジオを沸かせました。

・合わせて読みたい→森三中・黒沢かずこ、コロナ感染の報道に鈴木おさむ言及 「そんなことない」

(文/fumumu編集部・五代桜子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ