850円の拭き取り化粧水で肌つるつる!美容ライター溺愛のスキンケア4選

女子SPA!

 紫外線ケアに追われていた夏が過ぎ、乾燥との戦いが本格化するこれからの季節。スキンケアを変えたり新しいアイテムを導入してみたりと、みなさんはもう対策に乗り出していますか? 筆者の場合乾燥に加えて花粉も辛い時期。肌がこれでもかというほど揺らいでいて、気を抜くとすぐにボロボロになってしまいます……。

そこで今回は花粉・乾燥・マスクというトリプルパンチにより肌が弱っている美容ライターの筆者がここ最近愛用しているスキンケアを紹介。どれも敏感な肌にやさしい使い心地のアイテムばかりです。(※記事内の価格はすべて税込み/2020年10月時点、編集部調べ)

◆ナリスアップ【ネイチャーコンク 薬用 クリアローション】200ml 850円

乾燥が気になるため夏以外は洗顔は夜のみで、朝はローションで拭き取るだけにしている筆者。拭き取り用のローションは今までさまざまなブランドのものを使ってきましたが、今は拭き取り化粧水研究歴83年というナリスのこちらに落ち着いています。

初めて使った時には、拭き取ったあとに「あれ、私の肌ってこんなに触り心地よかったっけ?」とびっくり。いつもよりざらざら感がなくつるんとしていたので感動。プラセンタエキス配合で美白効果もあるそうですが、そこに関しては正直実感はないものの、刺激がなくどんな肌状態の時でもトラブルが起きないので毎日安心して使っています。プチプラなのでリピートしやすいという点も◎。

◆ドクタージャルト【シカペアリカバー】55ml 1,836円*

毎日マスクをしているからか、ここ1ヶ月ほど顎のにきびが多発。それなら極力肌に何も塗りたくない、とファンデを使うのをやめ、その代わりに数か月前に購入したスキンケア兼下地のシカペアリカバーを使う日が増えました。

SPF40 PA++と紫外線カット効果が高いうえにPM2.5やほこりからも肌を保護。敏感肌を鎮静させてくれるだけでなく回復・保護作用もあったりと、肌にやさしい、韓国のドクターズコスメです。

緑色のクリームに一瞬ぎょっとしますが、伸ばすと肌色に変わります。つけすぎると顔が真っ白になってしまうので、使う量はほんのちょこっと。両手のひらに均一に伸ばしてから、顔を包み込むようにして顔全体に塗ります。

塗る量も少なめなのでカバー力がそこまであるわけではないのですが肌色を補正してくれるし、ふと鏡を見た時に“あれ、今日の肌何となくきれいだな”と思わせてくれます。(*価格は楽天市場価格)

◆メディヒール【ティーツリーケアソリューションエッセンシャルマスクEX】136円*

ニキビなどで肌の調子が悪い時に欠かせないのがこのメディヒール(韓国)のシートマスク。鎮静作用があるティーツリーエキスを配合し、乾燥などの外部環境から保護して肌荒れを防いでくれます。年齢のせいか昔より明らかにニキビの治りが遅くなり、1ヶ月近く跡が消えないこともあったのですが、このシートマスクを使い始めてからはものの数日で消滅してくれるようになりました。

荒れていてもマスクをつけないという選択ができないうえに、時期的に乾燥も加わり肌は相変わらず揺らぎがち。1つ治ったらまた別の場所にプツッとできてしまったりもしますが、このシートマスクのおかげで1つ1つの治りが早いのでしばらく手放せそうにありません。(*価格は楽天市場価格)

◆ユースキン【ユースキンAa 40gチューブ】530円、【ユースキンhana ハンドクリーム】700円

普段持ち歩き用にはコスメブランドのハンドクリームを使っていますが、就寝前やどうにも乾燥が収まらない時にはやっぱりユースキン!

最近使っていなかったものの、たまたまミッフィーデザインを見付け、そのかわいさになんとなく衝動買い。何だか前とデザインが違う……と思ったら、どうやら2020年9月1日に効き目はそのままでリニューアルされたそう。デザインが以前のものよりスタイリッシュになり、ボトルが開けやすくなったり、チューブが最後まで使い切れるようになっていたりと細かい部分の仕様が変わったようです。

ユースキンAaのほうは全身用の昔からある黄色いクリーム。乾燥や手荒れはもちろんのこと、ひびやあかぎれにも効果があり冬に常備しておくとかなり心強いアイテムです。ただ匂いが独特で、筆者にとっては安心する匂いなのですが子ども達はどうも苦手なよう。

そんな子ども達が使っているのがユースキンhana。息子は特に肌が弱く、冬場はすぐに手の甲がゴワゴワになってしまうので、今から毎晩ユースキンで保湿をしています。ユズの香りは匂いがしつこくなくほんのり香るので子ども達からも好評。低刺激処方なので親子で安心して使うことができます。(※編集部註:ミッフィーデザインは数量限定です)

======

これからさらに湿度が下がり、乾燥の厳しい季節へと突入します。どんな肌状態の時にも使うことのできる乾燥対策アイテムで、しっかり自分の肌をいたわってあげたいですね。

<文・写真/鈴木美奈子>

【鈴木美奈子】

雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ