恋愛テクニック<アイコンタクト編>今日から使える恋愛テクニックをご紹介!

ハウコレ



恋愛テクニック<アイコンタクト編>として、今日から使える恋愛テクニックを紹介していきます。

今回は、アイコンタクトにフォーカスを当てて見ていきましょう。

好きな人と目が合うと、ドキッとしてしまいますよね。

恋愛において、目が合ったときのドキドキ感は非常に大切なもの。

しかし、このドキドキ感を上手に使って、恋愛を発展させていくにはどうすればよいのでしょうか。

気になる恋愛テクニック<アイコンタクト編>は、こちら!

■恋愛テクニック<アイコンタクト編>①あいさつのときには必ず目を見る
好きな人とあいさつをするときには、必ず目をみて行いましょう。

このとき、見つめすぎると不自然なので、あいさつをしている間だけ目を見ることがポイント。

目を見てあいさつをすることは、「その人にだけ向かってあいさつをしている」ことも伝わるので、特別感を与えることもできるのです。

ただなんとなくあいさつをしているだけでは、その他大勢の人たちと変わりません。

自分の存在を知ってもらうため、そして日々のアピールとしても、目を見てあいさつをすることはおすすめなのです。

■恋愛テクニック<アイコンタクト編>②目があったら微笑む
好きな人と同じ空間にいるときは、つい好きな人のことを目で追うなどしてしまうもの。

何度か好きな人のことを目で追っていると、ときには目が合うこともありますよね。

目が合うと、見ていたことがバレた!と焦って目を逸らしてしまいがちですが、目を逸らすのではなく、目があったらにっこりと微笑むようにしましょう。

目があったのに不自然に逸らされると、なんとなく気分が悪いですよね?

だからといって、目を逸らせなければいくらでも見ていいというわけでもありません。

物事には限度がありますし、「いつも見られている」と相手が恐怖を感じてしまっては、恋愛に発展するのは難しくなってしまいます。

■恋愛テクニック<アイコンタクト編>③3秒見つめる


好きな人とふたりきりになったときや、好きな人と話をするときには、3秒間見つめてみましょう。

3秒間目が合っていれば、彼はあなたに少なからず興味を持っているといえます。

嫌いな人、苦手な人とは目を合わせないようにするのが普通なので、あえて目を見ることなどありません。

3秒ほど見つめられるとドキッとするので、恋愛に発展するきっかけにもなりますよ。

■まとめ
恋愛テクニック<アイコンタクト編>として、今日から使える恋愛テクニックを紹介しました。

目は口ほどにものをいうという言葉があるように、アイコンタクトで好意を伝えること、好意を見極めることもできるもの。

好きな人に自分を意識してもらうためにも、ぜひアイコンタクトを上手に取り入れてみてくださいね。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ