恋愛テクニック<挨拶編>今日から使える恋愛テクニックをご紹介!

ハウコレ



恋愛テクニック<挨拶編>として、今日から使える恋愛テクニックを紹介します。

好きな人との関係を進展させるためには、何かしらの形でアプローチをする必要があるということは、あなたもご存じですよね。

ある程度相手のことを知っていて、話ができる関係ならばいろいろなアプローチもできますが、ひと目惚れなどで「相手は自分のことを知らない」としたら、どうでしょう。

どんな方法でアプローチをすればいいのか?、それはずばり、挨拶!

ここでは、挨拶から始める恋愛テクニックを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

■恋愛テクニック<挨拶編>①目を見て微笑みながら挨拶をする
恋愛テクニック<挨拶編>での目的は、好きな人に自分のことを知ってもらうことと、自然に話ができるようにする、ということ。

あなたが一方的に想っているだけでは、関係が進展することはありません。

そんな状態でいきなり話しかけると不審に思われる可能性もありますが、挨拶ならば問題なし!

好きな人といつも会う場所で、まずは目を合わせてみましょう。

いきなり声をかけられないというのなら、目を合わせることを数日繰り返してからでもOKです。

同じ職場で違う部署などなら、すれ違いざまに挨拶をするのはマナーなので、必ず挨拶はしてくださいね。

このとき、きちんと目を見て微笑みながら挨拶をすると、好印象を与えられるのでおすすめです。

■恋愛テクニック<挨拶編>②挨拶の前に名前をつける
何度か挨拶ができるようになったら、次は挨拶の前に名前をつけてみてください。

「◯◯さん、おはようございます」「◯◯さん、お疲れさまでした」

名前が入るだけで、一気に特別な感じがしませんか?

ただの挨拶だけだと、社交辞令のようにスルーしてしまいがちですが、名前が入ると実感がわきますよね。

もし相手が自分のことを知らないのなら、この時点で自己紹介をしておくとベストです。

「◯◯さん、おはようございます。あ、私は××課の◯◯といいます。」と、軽い感じで名乗りましょう。

このときも、笑顔は忘れないでくださいね。

■恋愛テクニック<挨拶編>③挨拶+世間話をする


お互いに挨拶を交わすようになったら、次はいよいよ挨拶+αの会話をしていきます。

毎日のように挨拶を交わしているのなら、お互いに「知り合い」の関係にはなっているはず。

挨拶をする流れで、世間話をひとつ入れてみましょう。

何気ないことでいいので、あまり深く考えなくて大丈夫です。

たとえば、「今日は寒いですね」「もうすぐ12月ですね」などの、季節や天気の話題はいかがでしょうか。

季節や天気の話題は相手も答えやすいですし、挨拶のついでにも話しやすいです。

いきなりプライベートな話題にすると相手に警戒されてしまうので、当たり障りのない世間話をプラスしていきましょう。

■まとめ
今回は恋愛テクニック<挨拶編>として、今日からでも使える恋愛テクニックを紹介しました。

挨拶は常識なので、さりげなく、そしていかにほかの人と差をつけるかが必要になります。

相手に自分のことを知ってもらい、毎日話すきっかけを作るためにも、挨拶は大切なもの。

そこから関係を進展させるためにも、毎日の挨拶をしっかり行っていきましょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ