恋愛テクニック<ボディタッチ編>今日から使える恋愛テクニックをご紹介

ハウコレ



恋愛テクニック<ボディタッチ編>として、今日から使える恋愛テクニックを紹介していきます。

好きな人に振り向いてもらうため、自分に興味をもってもらうためには、積極的にアプローチをする必要があります。

そんなアプローチのひとつが、ボディタッチ。

しかしボディタッチは、相手をドキッとさせることができる一方、やり方を間違えると下品な印象を与えてしまう可能性もあるため、気を付けなくてはなりません。

ここでは、今すぐ使える恋愛テクニックとして、ボディタッチをご紹介!

どんな風にボディタッチをすればいいのか、詳しく見ていきましょう。

■恋愛テクニック<ボディタッチ編>①袖や上着の裾を掴む
恋愛テクニックとしてのボディタッチは、袖や上着の裾を掴むというものがあります。

直接相手の身体に触れるわけではないので、ボディタッチに慣れていない人でも実践しやすいのではないでしょうか。

袖や上着の裾を掴むというボディタッチは、後ろから好きな人を呼び止めるといったシチュエーションで行うと、自然なのでおすすめ。

好きな人が職場にいる場合や好きな人と別れるときなど、さりげなく行ってみてください。

このとき、なんでもいいので聞きたいこと、気になることなどを質問すると、より自然です。

■恋愛テクニック<ボディタッチ編>②髪の毛に触れる
続いてのボディタッチは、髪の毛に触れるというもの。

とはいえ、いきなり髪の毛に触るのはあからさまにおかしいので、こちらも何かしらの理由付けが必要不可欠になります。

最も自然なのは、「髪の毛に何かついてる」といって、ゴミをとるために触れること。

身長差がある場合は、この一言で好きな人が屈んでくれるかもしれません。目線の高さが合うと、お互いにドキッとしてしまいますね。

こういうドキドキ感は恋愛には必要なので、お互いを意識するきっかけにもなるでしょう。

■恋愛テクニック<ボディタッチ編>③飲み会での太ももタッチはNG


そして最後に、絶対にやっていけない「勘違いボディタッチ」についてお話ししておきます。

それは、飲み会などの場で隣に座ったとき、彼の太ももにタッチすること。

太ももへのボディタッチはドキドキするからいいのでは?と思うかもしれませんが、「軽い女」と思われてしまいます。

そういう人はその場限りの関係ならば大歓迎でも、彼女にしたいとは男性は思わないのです。

恋人として関係を築きたいと思うのならば、下品なボディタッチ、下半身へのボディタッチは厳禁だということを覚えておきましょう。

■まとめ
恋愛テクニック<ボディタッチ編>として、今日から使える恋愛テクニックを紹介しました。

ボディタッチは、上手に取り入れればふたりの関係を一気に進展させることもできますが、やり方を間違えると距離を置かれるきっかけにもなります。

くれぐれもやり方を間違えないようにして、彼をドキッとさせてみてくださいね。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ