掃除は苦手だけど整った部屋に見せたい! ズボラな願いを叶える3つの裏ワザ

fumumu

掃除中の女性(RossHelen/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
「掃除はしたくないけど、きれいな部屋には見せたい!」 そんなワガママな願いを叶える方法は、果たして存在するのでしょうか?

fumumu取材班が、なんとなくきれいな部屋に見える裏ワザを聞いてきました。

(1)カゴやボックスを活用


「床に物が散らばっていないだけで、部屋がきれいに見えますよ! 散らばりがちな服や雑誌、小物類を入れるボックスやカゴを、いくつか用意しておくだけでOKです。

片づけるのが面倒だな~と思ったときは、そこにポンと放り込むだけ。なんとなく片づいているように見えて、気分がいいです。

やる気があるときに、カゴの中を一気に整理しています。そのままカゴの中に収納できるように、ジャンルごとに分けて放り込むのもいいと思います」(20代・女性)

関連記事:片づけを習慣に! 散らかった部屋から抜け出す3つのヒント

(2)脱・見せる収納


「見せる収納に憧れて、オープンラックを買ったんですけど…。私にはハードルが高くて、いつの間にかぐちゃぐちゃになってしまうんです。

物であふれたラックがそのまま視界に入ると、部屋がすごく散らかって見えるんですよね。なので、見える収納をやめました! 部屋に合う布を買ってきて、両面テープでペタッとラックに貼ったんです。

中はなにも変わっていないのに、目隠ししただけで、部屋全体が整っているように見えて感動しました。小まめに整理ができないタイプなら、無理に収納をオープンにする必要はないと思います」(20代・女性)

(3)向きを揃える


「物の向きを揃えるだけで、パッと見たときに整っているように感じますよ! 洗面所にある畳んだタオルを、向きを合わせて重ねたり。

床に散らばっている雑誌や本も、背表紙を合わせて積み上げるだけで、なんとなくあえて積んでいるのかな? という雰囲気になります。

物の定位置を作って、そこに毎回戻すのが一番なんでしょうけど…。いちいち戻しにいくのが面倒なときは、とりあえず向きを揃えておけば、片づいている風になります」(20代・女性)

なんとなくでも整った部屋に見せられたら、急な来客に慌てることも少なくなりそうです。

多少整った部屋にすることができたら、「どうせだったらここも掃除してみようかな」と新たなやる気も生まれるかもしれません。

・合わせて読みたい→意識しなくてもきれいな部屋に! 片づけが苦にならないための3つのこと

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ