Uruが2曲ランクイン!歌詞注目度ランキングはBUMP OF CHICKENが2週連続で首位獲得

E-TALENTBANK


歌詞検索サービス「歌ネット」が、10月15日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にBUMP OF CHICKENの「アカシア」が輝いた。2週連続での首位記録となる。2020年11月4日にリリースされるニューシングル『アカシア / Gravity』の収録曲であり、ポケモンスペシャルミュージックビデオ「GOTCHA!」のテーマソング。このMVで描かれているのは、日常の小さな冒険。主人公たちとピカチュウ、イーブイの冒険を『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクターやポケモンたちがそっとサポートし、BUMP OF CHICKENの“アカシア”が力強く、そして優しく、どこまでも続いていく彼らの冒険の背中を押してくれるような内容になっている。

4位には、aikoの「ハニーメモリー」が初登場。2020年10月21日にリリースされるニューシングルのタイトル曲だ。歌は<思いっきり泣いて泣いても未練は流れ落ちない 君がいないと味がしないんだ>と幕を開ける。切なくも甘い恋愛の思い出を歌った、秋らしいラブソングに仕上がっている。また、MVは海で撮影を敢行。砂浜に街灯が並んだ不思議な世界の中を、aikoが歩きながら展開されるストーリーとともに、季節が移り変わっていく幻想的な映像作となっている。

5位には、ベリーグッドマンの「アイカタ」が初登場。2020年10月28日にリリースされるニューアルバム『TEPPAN』の収録曲だ。MVにはミルクボーイが友情出演。“アイカタ”への思いを込めた楽曲のイメージに彼らがピッタリだと感じたベリーグッドマンは、直接出演をオファー。2組がバーベキューをしたり、お互いの下積み時代の写真を見ながら懐かしんだりするシーンで構成され、5人の関係性が伝わる内容に仕上がった。

6位には、WEAVERの「CARRY ON」が初登場。デビュー日である2020年10月21日にリリースされる新曲だ。9月20日に大阪城音楽堂にて開催された『KANSAI LOVERS 2020』に出演した彼ら。そのステージ上でメンバーの口から同曲のリリースを発表。歌詞には、11年目を迎えるWEAVERとして歩み続け、<君が願い描く明日を 歌い続ける>という決意が込められている。

9位には、クリープハイプの「モノマネ」が初登場。2020年10月21日にリリースされる、彼らが主題歌と初の劇伴音楽を担当した、10月23日(金)公開の劇場アニメ『どうにかなる日々』オリジナルサウンドトラック収録曲。その主題歌である。同曲はクリープハイプの人気曲「ボーイズENDガールズ」の続編を描いたロックナンバー。タイトルの「モノマネ」に込められたさまざまな意味を、ぜひ歌詞から探してみてはいかがだろうか。

【2020年10月15日付、歌ネット注目度ランキング】


1位 アカシア/BUMP OF CHICKEN2位 片っぽ/eill3位 化かしHOUR NIGHT/ビッケブランカ VS 岡崎体育4位 ハニーメモリー/aiko5位 アイカタ/ベリーグッドマン6位 CARRY ON/WEAVER7位 Break/Uru8位 振り子/Uru9位 モノマネ/クリープハイプ10位 言えない/HAND DRIP

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ