アンジャ児嶋、YouTubeから銀の盾届くもスタッフがミス 「おい!」

fumumu


児嶋一哉

お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉さんが15日、自身のYouTubeチャンネル『児嶋だよ!』に新たな動画をアップ。

YouTubeから銀の盾が届くも、スタッフの痛恨のミスで喜びにくい展開を迎えました。

■銀の盾が届いて歓喜


この日の動画では、YouTube運営元であるグーグル社からチャンネル登録者数10万人を祝う通称「銀の盾」が届く様子が映されます。

現在YouTubeの登録者数が68万人の児嶋さんは、このイベントを長い間待っていたようで、スタッフから銀の盾の到着を知らされると拍手して大喜び。しかし、現物を受け取ると「ねえちょっと待って」と言い出すことに。

関連記事:アンジャ児嶋、コストコ爆買いで不安を吐露 「調子乗ってるみたいに…」

■スタッフが箱を先に開けてしまう


そして、児嶋さんは自身が観ていた動画では、箱が開いていない状態で渡され、自分の手で開封していたと主張。「開けやがったなおい!」「なに先に見てんだよ!」とスタッフに抗議します。

スタッフによると、YouTubeと書かれているところに宅配の伝票が貼ってあった結果、なにが来ているかわからなかったとのこと。この弁解に児嶋さんは「100歩譲ってわかったよ」と述べたうえで、「戻せばいいじゃん」「俺の前で開けないでどうすんだよ」「それにびっくりしてるわ!」となおも抗議します。

■なんだかんだ「嬉しい」「格好いい」


ワクワクしながら開封する様子も「醍醐味」と主張、自分もやりたかったと訴えた児嶋さんですが、その後はYouTubeからのメッセージを読むことに。YouTubeのCEOの名前を読むことができない、というお決まりのやり取りをしていました。

その後は銀の盾を抱えて、「嬉しい」「格好いい」と歓喜。スタッフに預けるのは不安という理由で自宅に持って帰りたいとアピールしていました。

■「児嶋さんかわいすぎ」と悶絶


今回の動画に対し、コメント欄では「ユーチューバーっぽい動画に憧れてる児嶋さんかわいい」「銀の盾をもらった時のために色んな動画を見て予習していたことがわかりますね。はいかわいいです」などの声が相次ぐことに。

一方、「箱から開ける醍醐味はわざわざスタッフさんが金の盾の時のためにとっといたんやで」という声も。金の盾をもらうには100万人登録という高いハードルがありますが、3ヶ月で70万人弱ということを考えると、そう遠くない未来に実現している可能性もありそうです。

★アンジャッシュ児嶋さんの動画はこちら

・合わせて読みたい→ローランド、かわいすぎる一面に萌えるファン続出 八王子に新たな計画も発表

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ