「着るだけ」で疲労軽減!? 話題の“リカバリーウェア”5選

ウレぴあ総研

着用して寝ているだけで、身体の不調が改善できる服があれば……。

実は、そんな夢のようなアイテムが、すでに販売されているんです。

それは、「リカバリーウェア」というもの。聞き馴染みがない方もいるかもしれませんが、実は2009年に登場して以来、アスリートの間ではブームが起こっており、現在はビジネスパーソンや主婦、高齢者を中心に広まり、第二次ブームが起きているのだとか。

例えばHLコーポレーションが展開する一般医療機器のリカバリーウェアブランド「リフランス」は、シリカやトルマリンなど数種類の天然鉱石の混合体「プラウシオン®」をコーティング(含侵)した特殊な生地を使用しており、生地から発せられる遠赤外線が、自律神経の中でもリラックス状態に働く副交感神経に作用し、疲労軽減や安眠の効果を発揮するとされています。

一般医療機器というとハードルが高そうですが、パジャマだったり、ネックウォーマーだったりと、ふだんから使えるアイテムばかり。ふつうのものより少々お値段は張りますが、着用するだけで筋肉の緊張をほぐし、血流を促すなどの効果が実証されています。

そんな「リフランス」より秋冬の新作として発表された商品を中心に、在宅勤務などコロナの影響でさまざまな疲労がたまってきている今こそ使いたい、おすすめのリカバリーウェアをご紹介します。

■現代人のさまざまな不調を「着るだけ」で軽減!「リカバリーウェア」5選

■目の疲れに!「スリープマスク」

コロナによる外出自粛で在宅勤務に移行するなど、自宅で過ごす時間が長くなった影響で、テレビや動画を見ることが増えた方も多いのでは。ただでさえ現代人はスマホやパソコン使いによる目の疲れが大きいものですが、この期間でさらに疲労をため込んでいる人も少なくないはず。

そんな人に効果的なのが、こちらのアイマスク。目の周りを覆う内側の部分に、疲労回復や血流を促す特殊な生地を使用しているので、こり固まった目の筋肉をほぐし、心地よい眠りへと導いてくれます。

それだけでなく、血行不良による目のクマへの効果も期待できるので、美容にもうれしいアイテムとなっています。

目に当たる内側がくぼんでいるので、眼球に生地が直接当たらないのもポイント。目の周囲は柔らかいクッションとなっているので、長時間使用しても痛くなりません。さらに鼻あてがついているため、目の下からの光を遮断。安眠をサポートするさまざまな工夫が凝らしてあるんです。

寝る前や寝ている最中はもちろん、出張や旅行などの移動時や、お昼寝にも快適に使うことができます。

リカバリーウェアの中では、アイマスクは比較的手にとりやすい価格なので、入り口としてまずこちらのアイマスクから試してみるのもいいかもしれません。

■肩こりの緩和にも「2WAYネックウォーマー」

こちらは、目の下から首回りをすっぽりと覆うフェイスウォーマー兼ネックウォーマー。スマホの長時間使用などによる慢性的な首、肩のこりにアプローチします。いわゆる「スマホ首」にも効果的です。

頸部は、内臓や血管をコントロールする自律神経が集中する場所。生地が副交感神経に作用し、筋肉をほぐし、血流を促すことで、首こりや肩こりの緩和が期待できるとのこと。

また、“天然の保湿剤”と言われ、化粧品にも使用される成分「真珠パウダー」をナノレベルに粉砕し、レーヨンの糸に練り込んでいるのも特徴。綿100%素材と比べ、約1.2倍もの保湿効果を実現しています。

肌触りもよく、ゆったり編まれているので、締め付け感や息苦しさもありません。肌や喉が乾燥しやすい睡眠時に使用するのがイチオシなのだとか。こりの解消に加えて、保湿対策にもなるお得なアイテムです。

■冷えとむくみを解消「ケーブル編レッグカバー」

足首から膝下までを覆う、ふくらはぎの部分に特化したレッグウォーマーも登場しています。

ふくらはぎは、女性ならむくみや冷えに悩む方も多い部分。このレッグウォーマーは、血流を促進する効果があるので、立ち仕事や在宅勤務のデスクワークでたまるような足の疲れやむくみを軽減してくれます。

こちらも、先ほどのネックウォーマーと同じ真珠パウダーを練り込んだ生地を採用。さらに、生地を二重にして空気層を多く含ませることで、保温性も高めています。まさに、冷え対策としても万全ですね。

また、履き口の片側部分に、横方向の伸縮性に優れた「リブ編み」を採用しているのもポイント。リブ編みを上側にして履けば、動いてもずり落ちない適度なフィット感が。リブ編みを下側にして履くと、足首周りに生地が溜まり、冷えやすい足の甲を守ってくれます。ふくらはぎの締め付け感もないので、長時間着用しても快適なのがうれしいですね。

ネックウォーマー同様、ナイトウェアとしてもおすすめです。

■保温性抜群!「しなやか3重ガーゼパジャマ レディース」

リカバリーウェアの代表的なアイテムとも言えるパジャマは、レディースとメンズでそれぞれ何種類か販売しています。こちらは保温性を高めた冬用のパジャマ。特に冷えやすい肩甲骨と首回りの生地の量を従来品の2倍に増やすことで、なんと保温性を1.3倍にまで高めたそうです。

また、襟に芯をつけることで、首へのフィット感がさらに増し、熱を逃がさない工夫も。パンツの裾にはアジャスターボタンを付け、裾幅が約6~7cm絞れるようになっています。こちらも、就寝中に裾がめくれ上がって足首が冷えるのを防ぐという、身体から熱を逃さないことにこだわった仕様になっています。

さらに、足の側面の縫い目が一切ないため、横になっても縫い目の凹凸が肌に当たらず、全体的にもゆったりとした設計でストレスフリーな着心地。素材も綿100%にこだわっています。

カラーは、トレンドのくすみカラーを取り入れた新色で、レディース、メンズともに2色展開。サイズはそれぞれ3サイズです。「高級ホテルのラグジュアリーパジャマ」をデザインコンセプトとした、シンプルでおしゃれな仕上がりとなっています。

■極上の着心地「コットン裏毛 ロングスリーブ・ロングパンツ」

家着としても、パジャマとしても使えるジャージ素材のリカバリーウェアも。こちらは長時間着用できるよう、極上の着心地を追求した仕上がりとなっています。

レディースのパンツには、後ろにギャザーを入れることで腰回りにゆとりを出しています。ヒップや太ももの締め付け感がなく、日常の動きやすさを考慮したデザインです。さらに、トップスの襟元を少し立ち上げ、ボトルネック風に。ほどよい抜け感がネックラインをきれいに見せつつ、首元を温めてくれます。

素材はこちらも綿100%。カラー展開はレディースもメンズも2色ですが、上下別売りなので、あえて上下でカラーを変えるのもおしゃれ。ふだんは家着として着用しつつ、ちょっとした近所の外出くらいなら着ていけるデザインなのもうれしいですね。



ナイキやプーマなどのスポーツブランドのみならず、今ではイオンや東急ハンズなどでも販売されているリカバリーウェア。今回ご紹介したもの以外にも、Tシャツやワンピース、サンダルなど、幅広いアイテムが登場しています。「リフランス」では、睡眠時に着用するマスクも販売予定だそうです。

自律神経が乱れ、睡眠の質が下がりやすい冬にこそ、リカバリーウェアを着用して疲労回復・安眠効果を感じてみてはいかがでしょうか。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ