18日の関東地方 内陸部から晴れのエリアが広がる 寒さ解消

日直予報士

きょう18日朝、関東の内陸部は多くの所で晴れ。宇都宮地方気象台からは、男体山の初冠雪の便り。日中は沿岸部も晴れ間が広がってきそう。日差しの力で気温が上がり、寒さ解消。

●天気は回復へ

きのうの関東地方は、前線の影響で冷たい雨で、北部の山では雪になった所も。
きょう18日(日)の朝、内陸部は晴れている所が多く、宇都宮地方気象台からは「男体山」の初冠雪(山の中腹から山頂に積もった雪が、ふもとの気象台から初めて見えた)の便りが届きました。このあとも引き続き晴れる見込みです。
前線の影響が残る、千葉など沿岸部では、朝のうちは雲が多く、弱い雨の所もあるでしょう。日中は雨がやんで、少しずつ晴れ間が広がってきそうです。きょうは、関東各地、洗濯物や布団を外で干せるでしょう。

●寒さも解消

きょう午前7時現在の気温は、10度~12度くらい。きのうの同じ時間に比べてやや低く、寒い朝を迎えています。
日中の気温は、広い範囲で20度くらいまで上がる見込みです。きのうの日中と比べて5度以上高くなる所が多いでしょう。長袖のシャツ一枚で過ごせるほどになりそうです。

●天気は短い周期で変化

この先一週間、天気が数日の周期で変わります。あす月曜日は再び雲に覆われ、夜は雨。火曜日と水曜日は晴れますが、木曜日の後半から金曜日は雨で、ザッと強く降る所もあるでしょう。土曜日は日差しの戻る所もあり、日曜日は広く晴れそうです。
気温は、あす月曜日は平年より低く、昼間も肌寒いでしょう。その先は平年並みか高くなり、季節はしばらく足踏みしそうです。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ