オードリー春日、土にかぶりつく 大胆な行動に視聴者は爆笑

fumumu


春日俊彰

17日に放送された『満天☆青空レストラン』(日本テレビ系)では、高知県高岡郡四万十町で、お笑いタレントの宮川大輔さんとオードリー・春日俊彰さんが新米を堪能しました。

今回は「四万十厳選にこまる」というお米の魅力を深掘りする中、春日さんが土を食べるという驚きの行動を起こし、視聴者の間で話題となっています。

■17軒の農家だけが作れるお米


四万十厳選にこまるは、九州生まれの品種で、光沢が良く粘りの強さが特徴のお米「にこまる」をベースに、米どころの高知県から全国に広がる日本一美味しいお米を作ろうと生み出されました。

そんな四万十厳選にこまるは、17軒の農家だけが作れる幻のお米で、2012年から試行錯誤を繰り返し今年ようやく完成したばかり。

このお米は、土づくり、肥料、栽培コントロールにより大粒に作るのが魅力だそうで、1.95ミリのふるいで選別される高知県最大級の大きさを誇ります。

関連記事:しょうがの女神が素敵すぎる! 「愛」にあふれた生き方に憧れる人続々

■土を触って「いい感じだ」


なお、四万十厳選にこまるは根がとても長く深いため、土の栄養をたくさん吸っているお米だそう。

実際に稲を抜いた春日さんは、土を触り「しっとり…いい感じだ」とコメントし、「滑るような土にしたかった」と語る案内人は、次の瞬間「どうぞ食べてください」と春日さんに土を食べるよう勧めます。

■土にかぶりつく!


すると春日さんは「土からまず美味いみたいなことですよね?」と発言。稲を持つ手と反対の手に土の塊を乗せ、「いただきます」と言うと稲の根についた大きな土の塊にかぶりつきました。

大笑いする宮川さんをよそに、春日さんは土を頬張りながら「全然、確かにジャリジャリしてない」と味の感想を語り「土があれだけ美味かったら米はもっと美味いっていうことですよね」と、お米に期待を寄せる姿を見せています。

■躊躇ない行動に圧倒


春日さんが土を頬張る姿に、多くの視聴者が「ファンとはいえドン引き、おもしろかった」「春日が唐突に土の塊食べ始めてめちゃくちゃ笑っちゃった」と爆笑しました。

また、「春日さん最強ロケ芸人っぷりさすがでした」「躊躇なくできるところが凄すぎる」と、春日さんの芸人としての強さに圧倒される視聴者も続出しています。

2017年の放送でも土を食した春日さんですが、その後、お体を壊してないか心配してしまいますね…。

・合わせて読みたい→いくらかけ放題が500円!? 北の家族のキャンペーンがお得すぎる

(文/fumumu編集部・綿 つゆ子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ