簡単に再現できる、オニオン・グレービーソースのレシピ


木の葉が色づき、気温が下がってくると、「セーターの季節だね」というやりとりを耳にしますね。

けれども私にとっては、それは「グレービーの季節(肉汁を使ったソース)」の幕開けです。グレービーもセーターと同様に、包み込んだものすべてを暖かく、ほっこりとさせてくれます。

また、たっぷりとしているほど良いという点も同じです。でも、共通点はせいぜいそのくらいでしょう。

オニオン・グレービーソースの作り方


私の場合、自分でセーターを編むのはとても無理ですが、その代わりに、ボウルいっぱいの(あるいは、グレービーソース入れいっぱいの)本当においしいグレービーソースを作ることができます。

私が特に気に入っているレシピの1つが、とてもシンプルな(しかもベジタリアン仕様の)オニオングレービーです。

タマネギ1個にバターと小麦粉少々、野菜のブイヨンが1カップと少しあれば、簡単に作ることができます。

ブイヨンがやや薄味だったら、ここに塩コショウを少し足す必要があるかもしれません。

さらに、このグレービーに合いそうな、風味豊かな食材がほかに何かあれば、何でも足してアレンジしてみてください(ちなみに、私のお気に入りの隠し味はリンゴジュースか、味噌。両方を入れることもあります。特に、ポークチョップにかける時は、こちらがお勧めです)。

あらゆるグレービーに言えることですが、なめらかでダマのないソースに仕上げるコツは、液体を投入する前に、小麦粉を脂肪分でコーティングしておくことです。

それには、タマネギをバターで炒めたところに、小麦粉をふりかけるのが一番良い方法でしょう。

タマネギのうまみが溶け込んだバターを小麦粉に吸わせたら、粉臭さを消すために、少し長めに炒めましょう。

十分に炒まったら、好きなブイヨンを注ぎ、いい感じにとろみがつくまで煮詰めます。本当に、これ以上ないほど簡単です。

具体的な材料と手順


このオニオングレービーの材料と詳しい作り方は、以下をご参照ください。
  • タマネギ:中1個、粗いみじん切り
  • バター:大さじ1と2分の1
  • 小麦粉:大さじ1と2分の1
  • 野菜ブイヨン:2カップ
  • 塩コショウ:味を見て適宜
  • リンゴジュース、味噌:お好みで
  1. 両手鍋を中~強火にかけて、バターを溶かしてからタマネギを入れます。しんなりして、縁が少し茶色くなってくるまで炒めましょう。
  2. 炒めたタマネギの上に分量の小麦粉をふりかけたら、かき混ぜて、まんべんなく小麦粉をまぶします。
  3. 小麦粉から香ばしい香りがしてくるまで、さらに炒めましょう。
  4. そこに1.5カップ分のブイヨンをかき混ぜながら少しずつ加え、お好みのとろみがつくまで煮詰めます。もし煮詰まり過ぎたら、残しておいたブイヨンを少し加えてのばしましょう。
  5. ここで味見をして、必要なら塩コショウを足します。
  6. リンゴ風味のオニオングレービーがお好みなら、リンゴジュースを大さじ数杯分、加えましょう。
  7. 味噌味にしたい場合は、味噌を大さじ1加えてください。

ちょっと冒険してみたい気分なら、両方入れてもかまいません。
【常温】 エバラ食品 厨房応援団 グレイビーソース 1L グレービーソース
【常温】 エバラ食品 厨房応援団 グレイビーソース 1L グレービーソース
1,460円


あわせて読みたい

Image: Shutterstock

Claire Lower - Lifehacker US[原文

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ