MUCC・YUKKE「“ツアーの初日感”がすごかった」無観客ライヴで感じたこととは?

TOKYO FM+

ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。10月10日(土)の放送では、MUCCのベーシスト・YUKKEさんが登場! 10月7日(水)にリリースされた無観客ライヴの映像作品「~Fight against COVID-19 #2~『惡-THE BROKEN RESUSCITATION』」についてお伺いしました。



(左から)YUKKEさん、逹瑯

YUKKEさんは無観客ライヴで印象に残った曲を聞かれ「SANDMAN」と答えていましたが、その理由は何だったのでしょうか。

逹瑯:なんでこの曲が印象に残りましたか?

YUKKE:いろんな曲をやったけどさ、この曲は、“外に広がる”っていう曲じゃないと思うんだけど、重力をすげぇ下に落としたようなフロアを想像して作ったの。配信で初めて披露することになったんだけど、すごく良くて。俺の好きなMUCCの空気感を持ってる曲なのね。それで、この曲でたしか逹瑯がカメラを持ったりしたじゃない?

逹瑯:(カメラを持ちながら)ぐるぐる回ってたんだ、俺。

YUKKE:あれも楽しかったし、いろんな魅せどころがすげぇ多い曲だなって。すごく個人的にですけど、そう思ったんだ。

逹瑯:俺も覚えてるよ。なんていうのかな……やっと動きまわった感じの曲だったから。

YUKKE:「積想」の後だったりしたからね。

逹瑯:そうそう、世界観が変わった感じがして楽しかったな。

YUKKE:(ライヴでは)アルバムからの曲「CRACK」とかも初披露しているわけだけれど、“アルバム出したぜ!”って感じがしなかった?

逹瑯:したした!

YUKKE:「SANDMAN」とか「アルファ」をやるあたりがさ。

逹瑯:“ツアーの初日”感がすごかったよね。

YUKKE:あったあった。そういう感じを受けたから(選曲を)「SANDMAN」にした。

逹瑯:“無観客の配信ライヴっていうのもわりと悪くないな”と思えたね。

YUKKE:思ったよね。しっかりとリハーサルをして、作り込む配信ライヴね。

逹瑯:これを経験して知ってしまった以上、完全になくなってしまうのも寂しいな、って感じになっていきそう。

YUKKE:楽しさを知るとね、わかるわぁ。

◎10月17日(土)放送の「JACK IN THE RADIO」も、引き続きYUKKEさんをお迎えします。どうぞお楽しみに!


----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年10月18日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JACK IN THE RADIO
放送日時:毎週土曜25:30~26:00
パーソナリティ:逹瑯(MUCC)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jack

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ