デニムの「洗濯」の正解は?|色落ちや縮みなどを防ぐポイント教えます

GISELe

長く楽しむことを目的に、着方のレパートリー、正しい選びとメンテナンス、デニムにまつわるインスピレーションなど、多方面からネタを収集。デニムの奥深い魅力を見て、読んで、再確認することで、いつものデニムがまた特別な存在に。

知らなきゃ損!デニム洗濯の正解を画像一覧でチェック

「知って得するデニムのこと」
気に入った1本が「つい手の伸びる存在」であり続けるよう、デニム探しやメンテナンスにもこだわりを。その道のプロによる、デニムを大切に着るためのヒントをラインアップ。

「いい状態を保つメンテナンス」
扱いやすい半面、色落ちや縮みなど心配事も多いデニムのお手入れ。鮮度を保てるように、日々の洗濯で気をつけたいこと、目からうろこのアイディアを洗濯家・中村さんが解説。

Q1. 理想的な洗濯頻度は?
A. 「洗わない」は生地を傷める原因
「色落ちするから洗濯しないという人もいますが、日本のように高温多湿の時期が長いところだと雑菌が増えるために繊維がもろくなりやすい。不衛生なだけでなく、繊維がもろいと破れやすくなってしまうので、適度に洗濯をするのがベスト。2~3回はいて洗うくらいのペースでOKです」


Q2. 形くずれしない干し方は?
A. はいた形=筒状をキープ
「基本的には、はいた形のまま筒状になるように干すのがオススメ。その際裏返して干すと、乾きやすくなりますよ。縮みを解消したい場合は、すそを上にしてとめてウエスト部分を下に。重みによって適度に伸びてくれます」


Q3. 細かいシワが気になるときは?
A. 沿うようにはりつけて脱水を
「手洗いしたあと、洗濯槽に沿わせるようにはりつけて脱水すると、生地にシワがつくのを軽減できます。また、形を整えて干し、仕上げにアイロンをあてるのも効果的です」


Q4. 色・風合いをキープする洗い方って?
A. 洗剤、水温、摩擦に注意
「色落ちさせないためには、1.洗剤、2.水温、3.摩擦の3つのポイントが重要。まず、洗剤は色落ちしにくい中性~弱酸性。そして、水温を上げないように水道から出る冷たい水で洗うようにします(夏場は蛇口をひねった直後、水温が高い場合もあるので注意しましょう)。そして最後に摩擦に気をつけます。洗濯機でグルグル回すと色落ちしやすくなるので、洗濯おけなどに5~10分程度つけておくだけにして、すすぎもやさしく手洗いをするのがいちばん色落ちしにくい方法です。洗濯機を使う場合は”ドライ””ソフト””手洗い”といった摩擦が少ないコースを使いましょう」

洗剤は中性~弱酸性


つけ置き洗い5~10分


Q5. 浴室乾燥機の使用はアリ?
A. アリ! 扇風機やサーキュレーターとの併用も
「デニムの形を保つためにはQ2のようにまっすぐ干すのが理想ですが、下側の生乾き状態が気になる場合は、つまんだすそを上に持ち上げるようにして干しても可。浴室乾燥と併用して、扇風機やサーキュレーターで空気を動かしてあげると乾きが早くなりますよ」


Q6. 色が落ちにくい洗剤って?
A. BEYONDEXXのデニム専用洗剤!
「使われている界面活性剤の種類によって色の落ちぐあいが変わってくるのですが、この洗剤はとくに色が落ちにくい界面活性剤の組み合わせになっていると思います」

BEYONDEXX No.1 SPECIAL DENIM CARE WASH 300mL 3,900円+税/ネクサスセブン シブヤパルコ 生地の色みを極力落とさずに汚れを落とす、日本製のデニム専用洗剤。除菌効果と消臭効果も高い。

Q7. デニムの色落ち対処法は?
A. 塩を少し入れて洗濯してみて
「Q4の洗い方に+αとして大さじ1~2杯の塩を洗剤にまぜると、塩の成分がデニムの色を動きにくくしてくれる。塩分は水にとけて脱水されるため、洗い上がりのデニムに残りません」

カラーストップ 50mL×1袋 350円+税/ダイロンカラーセンター 水道水に含まれる塩素が褪色の要因に。はく前に一度ひたしておくと、洗濯による色落ちの不安が解消。


Q8. もしほかの服に色移りしてしまったら?
A. 弱アルカリ性洗剤につけてゆらゆらと
「綿などの高温に耐えられる素材なら、60℃くらいの湯に弱アルカリ性の洗剤をとかし、色移りした部分をつけて中でゆらゆらゆらす。また、白いものであれば色移り用の漂白剤がオススメです」

- ADVISER -
洗濯家
中村祐一さん (@sentaku_u1)
「洗濯王子」の愛称を持つプロの洗濯家。家庭で最上級の洗濯をするための知恵や知識が豊富。インスタグラムには、洗濯をきっかけによりよい暮らしを考えるヒントがずらり。

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ