木村佳乃、“息子”藤原大祐の賢さに感心「高校生とは思えない」


女優の木村佳乃が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『恋する母たち』(10月23日スタート、毎週金曜22:00~)の制作発表が17日、都内で行われ、木村、吉田羊、仲里依紗、奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐が出席した。

柴門ふみの同名漫画を原作とするこのドラマは、秘密と悩みを抱える美しい母たちの運命を描く物語。木村が演じる主人公の石渡杏は、11年前に夫に突然失踪されて以来、不動産屋でパートをしながら一人息子を育て、この春有名進学高校に入学させたシングルマザー。吉田演じるバリバリのキャリアウーマン・林優子と仲演じるキラキラしたセレブ妻・蒲原まりも、杏の息子と同じ名門校に通う息子がいる。

19年ぶりにTBSの連続ドラマで主演を務める木村は「19年ぶりと言われるたびに年齢を感じますけど…」と笑い、「杏さんみたいなタイプのお母さんはやったことがなかったので新鮮でした。想像を絶する経験ですよね。夫がある人突然いなくなってしまい、そこから母一人子一人で頑張っていく」と話した。

杏の息子・研を演じるのは、読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』で主人公の甥・仁井真純を演じ、「美少年」「かわいすぎる」と注目を集めた藤原。「初めてこういう舞台でたくさんフラッシュを浴びてだいぶ緊張しているんですけど、たくさんの皆さんにこの作品を届けられるように、今日は楽しく、そしていいところをたくさん伝えられるように頑張ります!」と初々しくあいさつした。

藤原のあいさつを聞いて、母役の木村は「すごい! 大したもんだと思います。初めての記者発表のときひどかったですもん。大したものですよ。すごくしっかりなさっていると思います」と称賛。「3人とも」と、優子の息子・大介を演じる奥平、まりの息子・繁秋を演じる宮世にも感心していた。

木村はまた、藤原について「高2とは思えない語彙。かなり藤原さん頭がいいと思います。しっかり自分の言葉で話してくるし、監督に聞くときの彼の言葉が高校生とは思えない話し方をする。一緒に教科書を読んでみたら英語をぺらぺら読むし、どうやら成績もいいらしいので、大変賢い子だと思います」と頭の良さにも感心。

藤原は「めちゃめちゃ恥ずかしいです」と照れ、木村の印象を聞かれると「僕、芸能界に入って1年経ってないので、テレビで見て本当に明るい方だなと思っていて、お会いしてみたらそのまんまで、とんでもなく明るくて。佳乃さんのおかげで現場が陽の雰囲気が流れていて、初日緊張していたんですけどすぐフランクに話してくださったので、緊張もほぐれて楽しく撮影できています」と語った。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ