「いい人」は目指さない! ストレスから解放されるためにやめた3つのこと

fumumu

手を広げる女性(Tonktiti/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
「いい人」を目指すあまり、自分の気持ちを常に押し殺していませんか? 周りに合わせようとする姿勢はすばらしいものですが、無理を続けていると、いつか自分自身が潰れてしまうかもしれません。

ストレスから抜け出すために「やめた」ことを、fumumu取材班が聞いてきました。

(1)とっさにOKしない


「なにかを頼まれたり、お願いをされたときに、とっさにOKするのをやめました。深く考えずに、断れないだけで『いいですよ~』とニコニコすることが多かったんです。ひとりになったときに、どうしてOKしたのかと後悔することもあって…。

自分が断れないだけなのに、『こんなお願いしてくるなんて非常識じゃない?』と相手にイライラして、自分の機嫌が悪くなることもあったんです。お互いのためにも、引き受けたくないのなら素直にお断りするほうがいいんだと思います。

断り始めて気づきましたが、相手も、どうしても私じゃなきゃダメ! というわけではないんですよね。OKしてくれたらラッキーくらいで言ってくることもあるので、重く捉えずにNOと伝えて大丈夫だと思います」(20代・女性)

関連記事:「自分軸」をどう守る? 自分の意見を大切にするために覚えておきたいこと

(2)相手に同調しない


「相手の顔色を伺って、意見に同調するのをやめました。それまでは、相手に気分よく話してもらいたいからと、常にイエスマンだったんです。違う意見を伝えたら、嫌な気持ちになるかなと思って…。

相手の不機嫌な顔を見るのも、私が嫌だったんです。そうしているうちに、自分の意見を聞いてくれない人だけが周りにいるようになってしまって。自分の話を聞いて、ただ同意してほしい人たちにとって、私はすごく都合がよかったんだと思います。

気持ち的にも限界が来て、少しずつ、自分の考えを表に出すようにしました。離れていった人もいるけど、自分を出すことで、対等に話せる人との出会いもありました。自分の態度が人間関係を作っていくんだなと、しみじみ実感しましたね」(20代・女性)

(3)「嫌い」「苦手」を認める


「人に対しての好き嫌いや、遊びに参加したくないときの億劫な気持ちを、しっかりと認めるようにしました。それまでは、自分の中の”いい人像”を目指して、すごくがんばっていたと思います。

みんなと仲よくしなくちゃとか、遊びに誘われたら絶対に参加して盛り上げなきゃとか。なりたい自分に近づこうと、必死だったんだと思います。本当の自分とはズレがあるから、少しずつ苦しくなっていきました。

いい人の仮面をかぶるのをやめたら、毎日のようにイライラしていたのが、少しずつ和らいできた気がします。嫌いなものは嫌いだし、苦手なものは苦手だし。自分の本音を認めることで、肩の力が抜けたのかなと思います」(20代・女性)

自分の本心を表に出したときに、離れていく人もいるのかもしれません。ですが、それによって新しい出会いが生まれることもあるはずです。

自分にとって居心地のいい環境を求めて、日々を過ごしていきたいですね。

・合わせて読みたい→怒りたいのに怒れない! 上手に怒りを表に出す方法は?

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ