木村佳乃 「イッテQ!」出演きっかけは逆オファー「頼んだら出られた」

 女優の木村佳乃(44)が16日放送のTBS「A-Studio+」(金曜後11・00)に出演。日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後20・00)の出演のきっかけを明かした。

 「イッテQ!」には2015年から不定期で出演し、女芸人たちとさまざまな体を張ったロケに参加。「(出演は)もう4回になりますか」と笑顔を見せた。

 出演の経緯について話が及ぶと、「第1子を妊娠している時に、テレビ見るのが大好きで、いろいろなテレビを見てたんです。家族、子どもも楽しんで見られる番組にあんまり出たことないなと思って、『イッテQ!』って番組は子供にも人気あるし、ちょっと出てみたいなと思って…」。

 さらに「うちの社長にお願いして、社長が日テレの偉い方にお願いして、出していただいたんです。頼んだら出られたっていう…」と、まさかの逆オファーであったことをあっけらかんと告白した。

 全力でロケに参加する姿が大きな反響を呼んだ木村。出演後は「小学生に認知されました」と笑顔。「そのあとに、『64』っていうすごい真面目な、NHKの真剣なドラマを撮ったんですけど、『イッテQの人だ!』って、真剣なシーンで小学生の軍団がワーってきて、これがそういうことなんだと思って。今まで小学生の男の子に名前言われることなかったので…」との変化を実感したという。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ