日向坂46、無観客ライブ「顔を合わせて素敵な空間を作れる日を楽しみに」


日向坂46の無観客イベント「日向坂46×DASADA Fall&Winter Collection」が15日、有料配信された。

同イベントは、彼女たちが主演を務める日本テレビドラマ『DASADA』とのコラボレーションで開催。今年2月に“ファッションショー×ライブ”というコンセプトで行い、今回は“新感覚の朗読劇”が加わってさらなる進化を遂げた。

まずはドラマ出演メンバー16人が初めて挑戦する朗読劇「サプライズパーリー大作戦」からスタート。続いてのファッションショーでは堂々としたウォーキングを披露し、チケット購入者約5万人を魅了する。

ライブコーナーでは、『DASADA』の主題歌「青春の馬」や、9月23日にリリースした1stアルバム『ひなたざか』から新曲「ただがむしゃらに」「My fans」、現メンバーでの歌唱にリメイクして収録された「誰よりも高く跳べ! 2020」、アップチューンな「キツネ」、アルバムリード曲「アザトカワイイ」など全10曲をパフォーマンス。

最後にキャプテン・佐々木久美から「皆さんと私たちがまた元気に顔を合わせて素敵な空間を作れる日を楽しみに、これからの日々を過ごしていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」と笑顔で挨拶があり、イベントは幕を閉じた。

今回のイベントの模様は、17日19時から18日19時まで見逃し配信で視聴可能。日向坂46ファンクラブから特典付きの視聴チケットが販売されるほか、BARON STREAM、Stagecrowd、楽天チケット×Rakuten TV、Huluストア、日テレゼロチケ、ローチケ LIVE STREAMINGでチケット販売する。

※ライブコーナーphoto (C)上山陽介

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ