ファミレス「夢庵」で“せんべろ”できるってホント?一杯99円の衝撃

日刊SPA!

 コロナ禍で人気を集めている「ひとり飲み」。そんな中、ファミレスチェーン店「夢庵」のひとり飲みが“安い”という情報を入手した。

夢庵といえば、客単価平均が1000円前後とかなりリーズナブルだが、果たしてその値段でどこまで飲めるのだろうか? 実際に行って調査してみた。

◆99円のアルコールメニューが

都内をはじめ全国にある「夢庵」。同店は「しゃぶしゃぶ食べ放題(1680円~)」が人気の1つで、筆者も度々食べに行っている。しかし、今回の目的は1000円でどれだけ飲める(酔える)か。

「夢庵 ひとり飲み」で検索をすると、生ビール、おつまみ3種、中天ぷら(または若鶏の唐揚げ)がセットになった「ちょい飲みセット」がたくさん出てくるが、今回訪れた店舗のメニューには載っていなかった。

そこで筆者が目をつけたのが「気軽にカンパイ」メニューで、ウーロンハイ、グラスワイン、梅酒ロックがなんと99円。これはかなり安いのではないか。

さらに気になったのは「おつまみ2品セット」。こちらは通常、単品で頼むと299円のメニューの中から2品チョイスすると、500円で注文できるというもの。選べるのは以下の10品。

・もちの天ぷら

・きびなごの天ぷら

・おつまみ唐揚げ(5個)

・せいろ焼売(7個)

・温玉つくね(2本)

・めかぶ山芋おくらの酢の物

・自家製おぼろ豆腐

・山盛りポテトフライ

・枝豆

・ローストビーフサラダ

迷う。さっぱりしたのもいいが、今日は飲みが目的なのでガッツリ系をチョイスしたい。ということで、注文したのは山盛りポテトフライときびなごの天ぷら。酒はもちろん99円のウーロンハイだ。

◆ウーロンハイは「濃い目」オーダーも可

ちなみに、ウーロンハイは焼酎の濃さを変えることができるというので濃いめにしてもらった。運ばれてきたのはグラスサイズのウーロンハイ。まぁ、99円にしては妥当だろう。一口飲んでみるとほど良い濃さで、個人的にはもう少し濃いめでも良かったかな……とも思ったが、99円ならよしである。

ウーロンハイで一息ついたら、ポテトフライときびなごの天ぷらをつまむ。ポテトフライにはマヨネーズとケチャップがついているのだが、今回は「きびなごのてんぷら」についてきた梅塩をかけてみることに。梅塩の程よい塩けと酸味がポテトフライに意外と合う。これは酒が捗る。きびなごの天ぷらは油っこさがなく、サクサク食べられる。天つゆにつけても良いし、店員が進める梅塩を付けてみても言わずもながら美味い。

◆日本酒、ワインでほろ酔いに

あっという間にウーロンハイを飲み干してしまい、2杯目のウーロンハイを注文、こちらも一気に飲んでしまったが、もう少し酔いたいところ。アルコールメニューを開くと、さすが和食レストランなだけあり日本酒メニューもそこそこある。価格は399円~799円だ。

たくさん飲みたいので、ここは1番安い白鷹の小とっくり(399円)を注文。冷やか熱燗かを選べるのも嬉しいところ。白鷹はあっさりとしているが、ほんのりしたフルーティーな味わいが広がる。飲みやすいので揚げ物にもよく合った。そして、天ぷらを食べたあとは最後の〆。99円のワインでラストスパートをかける。

◆噂どおり、コスパ良し

つまみ2品、ウーロンハイ濃いめ2杯、ワイン、日本酒で1316円(税込み)! ポテトがかなり多かったので思っていたよりも満腹。噂通り、夢庵は1000円前後で結構酔うことができた。もっと安く酔いたいという人は99円アルコールをひたすら飲むと良いかもしれない。<取材・文/カワノアユミ>

【カワノアユミ】

東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ