決断力を養いたい! 優柔不断な自分から卒業するにはどうしたらいい?

fumumu

海と女性(tampatra/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
パッと決断したいのに、いつも迷って決められない…。そんな優柔不断な自分に、困っている人も多いようです。

決断力を養うためには、どんなことを意識すればいいのでしょうか? fumumu取材班が、スムーズに決断するコツを聞いてきました。

(1)直感で決める


「なにかを決めるときに迷ったら、直感で決めるようにしています。迷うときって、判断材料が少なくて、どちらがいいかすぐに決められないときが多いと思うんです。

考える材料が揃っていないのに、いくら理屈で考えても、納得できる選択はできないんじゃないかなって。だったら、直感で『こっち!』と思うほうにしたほうが、後悔が少ない気がして。

自分がピンと来たなら、選ぶ理由がハッキリしなくても、別にいいんじゃないでしょうか。『なんとなくこっちがいいな』という気持ちでも、決めていいと思います」(20代・女性)

関連記事:肉体関係を辞めて正解! 女子の「今思えば正しい選択だったこと」3選

(2)自分の意志で


「誰かに相談したとしても、決めるときは自分の意志で選んだほうがいいと思います。決断力って、選択の責任を自分で負うことで、養われていくものだと思うんです。

誰かの意見を聞いてばかりだと、いつまでたっても決められないですよね。人それぞれ意見は違うのに、すべてを聞いていたら身が持たないと思います。

人の意見をうのみにして決断して、納得できる結果にたどり着かなかったら、どうして自分で決めなかったのかと後悔する気がするし。自分が選んだ結果なら、納得もしやすいんじゃないでしょうか」(20代・女性)

(3)正解はない


「なかなか決められない人は、たぶん正解を探しているから迷っているんだと思うけど…。そもそも、絶対的な正解はないと思うんです。同じ結果でも、正解だったと思う人もいれば、失敗だったと思う人もいるから。

どんな結果であれ、納得できるかは自分次第なんですよね。いくら調べたり、人に聞いたりしても、答えはないと思います。

だからこそ、どんな選択をしても間違いではないと思うんです。最終的な結果を前向きに受け止めることができたら、それが正解になるんじゃないでしょうか」(20代・女性)

どんな選択をしても、納得できるかは自分の受け取り方次第なのかもしれません。

そのときは最良の選択だった! と思えたら、どんな結果になっても納得できるかもしれないですね。

・合わせて読みたい→優柔不断な自分にサヨナラ! 気持ちよく決断する3つのヒント

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ