『名探偵コナン』R109「元太少年の災難(デジタルリマスター)」あらすじ&先行カット

アニメ『名探偵コナン』のR109「元太少年の災難(デジタルリマスター)」のあらすじと先行カットが到着した。

『名探偵コナン』は、青山剛昌による同名漫画のアニメ化作品。高校生探偵・工藤新一は、謎の組織の手によって子供の姿に変身させられた。彼は江戸川コナンと名乗り、幼馴染みの毛利蘭、その父親・毛利小五郎、少年探偵団たちと協力しながら様々な難事件に挑む。

今回のR109「元太少年の災難」はデジタルリマスター版。画質がアップした過去の物語を堪能しよう。
コナンたち少年探偵団が、元気がない元太に理由を聞くと「命を狙われている」と告白される。最初は本気にしなかったコナンたちも、実際に危険な目にあっていることを目の当たりにし対策を考えることにする。元太が覚えている犯人の特徴は、ドクロ柄のTシャツとタバコを左手に持つ姿……。
詳しいあらすじはこちら!

<あらすじ>
元太の元気がない。給食を残したり、遊ぶこともぜすコナンたちを避けるようにひとりで学校から帰ってしまったりと様子がおかしい。怯えながら下校する元太を引きとめ理由をたずねると「命を狙われている」と告白する。
コナンたち少年探偵団の面々が笑ってしまうが、元太は真剣そのもの。詳しく聞くと連続ひったくり犯を見かけて以来、何度も危険な目に遭っていると言うのだ。脅迫電話を受け、誰にも言えずに悩んでいたのだった。実際に危険な目にあっていることを目の当たりにしたコナンたちは、対策を考えることにする。
元太が覚えている犯人の特徴は、ドクロ柄のTシャツとタバコを左手に持つ姿だけ……。

>>>『名探偵コナン』R109の先行カットを全部見る

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ