石田泰尚(Vn.)らのアンサンブルでバロックの名曲を堪能 『ららら♪クラシックコンサート Vol.9』レポート

SPICE



『ららら♪クラシックコンサートVol.9』が、2020年10月14日(水)、東京文化会館大ホールで開催された。「躍動するバロック音楽~大編成アンサンブルの絢爛なる響き~」と題された今回のコンサートでは、石田泰尚率いる「石田組」を中心に、バロックの名曲が演奏された。

「石田組」は、石田“組長”のもとに集う、男性ばかりの弦楽アンサンブル。今回出演したのは、神奈川フィル・ソロ・コンサートマスターの石田のほか、東京都交響楽団首席第2ヴァイオリン奏者の双紙正哉、神奈川フィル首席チェロ奏者の門脇大樹ら、オーケストラの主力メンバーやソリストとして活躍する14名(ヴァイオリン6名、ヴィオラ3名、チェロ3名、コントラバス1名、チェンバロ1名)。そして、フルートの工藤重典とクラリネットのコハーンがゲストに招かれた。司会を務めるのは、Eテレの「ららら♪クラシック」でもおなじみの高橋克典と金子奈緒。

石田組は、椅子を必要とするチェロとチェンバロ以外、全員が立って演奏する。指揮者は置かず、石田が、弾きながら全員に合図を送る。最初のJ.S.バッハの「G線上のアリア」が石田の優しいリードととも丁寧に始まる。

続いて、ヴィヴァルディの「四季」から〈春〉と〈冬〉が演奏され、〈春〉の独奏をコハーン、〈冬〉の独奏を石田が務めた。ヴィヴァルディの時代には存在していなかったクラリネットで「四季」を演奏するという試みはとても面白かった。ハンガリー出身で日本を拠点に活動するコハーンのクラリネットは、軽やかで柔らかく、春の小鳥の鳴き声をイメージさせる瞬間もあった。〈冬〉では石田のヴァイオリンの魅力が満載。第2楽章での繊細な歌心に魅了され、第3楽章の速いパッセージが見どころ・聴きどころとなった。

J.S.バッハの息子の一人、C.P.E.バッハの「フルート協奏曲 ニ短調」では、工藤重典が登場。パリ・エコール・ノルマル音楽院教授やサイトウ・キネン・オーケストラの首席奏者を歴任した、フルート界のレジェンド。テンポの速い楽章ではテクニックの健在ぶりが示され、穏やかな楽章では工藤のフルートの豊潤で柔らかな音を満喫した。

『ららら♪クラシックコンサート Vol.9』
『ららら♪クラシックコンサート Vol.9』

コンサートの後半は、バッハの「ブランデンブルク協奏曲第5番」の第1楽章で始まった。ヴァイオリンの石田、フルートの工藤、チェンバロの松岡あさひが独奏を務める。石田と工藤との優しい音の絡みが魅力的だった。カデンツァでは松岡が鮮やかなソロを披露。

パッヘルベルの「カノン」は、ヴァイオリンの石田、双紙、塩田脩と、チェロの門脇、チェンバロの松岡の5人だけで演奏された。石田、双紙、塩田の三者三様のソロが3声のカノンを繰り広げる。

バロック・オペラからは、ヘンデルの歌劇「リナルド」から〈私を泣かせてください〉が取り上げられた。本来は、ソプラノ歌手が歌うアリア。この日は、クラリネットで演奏された。コハーンのクラリネットが人の声のように響く。

続いてマルチェロの「オーボエ協奏曲 ニ短調」の第2楽章もクラリネット独奏で演奏された。ゆっくりとした悲哀を帯びたメロディは、コハーンのクラリネットの澄んだ音色によく合っていた。

そして最後は、コレッリの「合奏協奏曲第8番〈クリスマス協奏曲〉」。6つの楽章からなる15分ほどの作品。第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、チェロのソロが活躍し、石田、双紙、門脇の3人の妙技を堪能した。

ヴィヴァルディ、バッハ父子、ヘンデル、マルチェロ、コレッリなど、2時間半を超える盛り沢山のバロック音楽プログラム。なかでも石田泰尚の優美で繊細なヴァイオリンの魅力が印象に残った。そして“硬派”といわれる「石田組」のまた違う側面を楽しむことができた。高橋克典による石田、工藤、コハーンへのインタビューや演奏者による曲目紹介も興味深かった。

アンコールは、バロック音楽から大きく飛躍し、タンゴとロックへ。石田組の十八番ともいえるピアソラとディープ・パープルの音楽が演奏された。ともに石田のソロがたっぷりとフィーチャーされ、石田組のメンバーも一層息の合った演奏を展開した。ピアソラの「ブエノスアイレスの夏」ではヴィヴァルディの「四季」の〈冬〉が引用され(南半球のブエノスアイレスが夏のとき、ヴィヴァルディの住むイタリアは冬だから)、コンサート前半と見事につながる。ディープ・パープルの「紫の炎」は、工藤、コハーンも交えて、石田組らしい弾けた演奏。大きな盛り上がりとともにコンサートが締め括られた。

なお、本公演本編は、イープラス「Streaming+」での配信も行われており、2020年10月21日(水)23:59までアーカイブを視聴することができる(視聴券購入は10月21日(水)21:00まで)。

取材・文=山田治生

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ