【実録】SNSで見つけた「レンタル焼肉食べる人」をレンタルしてみたら、その経歴に衝撃……!


様々なサービスや商品で溢れている世の中、モノやスキルだけでなく、自分そのものをサービスにしちゃう人もいます。Twitterで見かけた「レンタル焼肉食べる人」というサービスもそのひとつ。

焼肉を食べる人をレンタルするとはどういう状況なのか。気になったので実際にレンタルして一緒に焼肉へ行ってきました!

○突如現れた「レンタル焼肉食べる人」

2020年8月6日、Twitterにてこんなツイートが……

『レンタル焼肉食べる人』というサービスを開始します。1人で入りにくい、食べっぷりを見たい、寂しい、ウンチクを語りたい、人数が足りない等、の場合でご利用ください。どこへでも食べに行きます。飲食代はご負担お願いします。美味しそうに食べるのが得意です。焼肉屋さんを開業するのが夢です。齊木祐介/坦坦担/レンタル焼肉食べる人@pamyu__pamyu‗

「なんか似たようなツイートを見たことあるな」と思いつつ、この「レンタル焼肉食べる人」こと齊木さんとは何者なのか調べてみると、めちゃくちゃ面白そうな人であることが判明。早速レンタルをお願いし、詳しく話を聞いてみました!
○「レンタル焼肉食べる人」の実態は……?

8月某日渋谷。友人数人と予約した焼肉屋さんに行くと、そこに現れたのはめちゃくちゃフレンドリーなお兄さん。あまりにもフレンドリーすぎて、昔から知っている友人と焼肉を食べに来たみたいな雰囲気になりました。

なんで「レンタル焼肉食べる人を始めたんですか?」と聞いてみると、

「焼肉屋やりたいんすよ! で、いろんなとこ食べに行きたいけどそんな余裕ないんで始めてみました!」

というめちゃくちゃシンプルな回答が。ただ人のお金で焼肉を食べたいだけではないのか、とちょっと感心しつつ、ひたすらお肉を楽しみました。さすが美味しそうに食べるのが得意と書いているだけあって、いちいちリアクションが面白い。

「レンタル焼肉食べる人」こと齊木祐介さん、普段は何やっているのか聞くと、実は渋谷で間借りの汁なし担々麺専門店『担担担』という飲食店をやっているのだとか。

「昼間は間借りで汁なし坦々麺の店やってるんですよ!」と笑顔で自己紹介してくれる齊木さん。どうやらなかなか面白い経歴の持ち主のようで……

なんと元RADWIMPS! そして今は汁なし坦々麺屋さん! 意味が分からなさすぎるのですが、要約するとこういう感じです。

・中学のときにRADWIMPSを結成、高2で出場した大会で優勝しデビュー
・いわゆる価値観の違いで脱退
・元ザ・ブルーハーツのドラム・梶原徹也さんと2人でバンド活動をスタート
・ツアー中に脳梗塞で右半身不随に、プレーヤーをやめ音楽のイベント会社をスタート
・渋谷で間借りの汁なし坦々麺専門店「担担担」をオープン
・焼肉屋を開業したいので「レンタル焼肉食べる人」を始める←イマココ

人生何回目ですか? と言いたくなるような経歴。バンドを結成したり汁なし坦々麺屋を始めたり。そして次の目標が焼肉屋開業! 「レンタル焼肉食べる人」は行動力の塊のようなお兄さんでした。
○「レンタル焼肉食べる人」はどんな人が利用してるの?

では、どんな人が利用しレンタルしているのでしょうか。Twitterって結構反響あるものなんですか? と焼き肉のカットに四苦八苦しながら聞くと、「ツイートした次の日に行きましたよ」とのこと。

レンタルしたのは8月末頃。まだレンタルサービスを始めて1カ月も経っていない時期なのに、すでに数回利用があったようです。

実際に利用してくれた人について聞いてみると
・昼にやってる坦々麺屋さんの常連さん
・Twitterを見て面白そうだなと思ってくれた人
・間借りでお店をやっているので、その話を聞きたい人
などなど。年齢も関係性も、てんでバラバラな様子です。

何か面白いエピソードありました? という質問には、「初対面なのに焼肉屋から始まって朝6:00まで飲みましたね! 1対1で!」と、持ち前のコミュニケーション能力をいかんなく発揮したエピソードが。

ちなみに筆者は友人4人と齊木さんというトータル5人での焼肉だったんですが、いきなり知らない人4人と焼肉って、冷静に考えたら普通しんどいですよね。ところが齊木さん、全く人見知りせず「元々知り合いですしたっけ?」というテンションなので、この後二次会でお酒を飲みにも行きました。そりゃ朝まで飲めるわ。
○おすすめの使い方は?

「レンタル焼肉食べる人」のおすすめの使い方については、まだまだ始めたばかりのサービスなので、齊木さん自身も試行錯誤だそう。

例えばこんな使い方いいですね! と話していたのはこんな感じ。
・焼肉食べたいけど1人では行きにくい人
・焼肉食べながら愚痴やうんちくなど、話を聞いて欲しい人
・急なキャンセルで人数が足りなくなったとき
・合コンや接待で盛り上げ役が欲しいとき
・少食や大食いで人との食事に気を遣ってしまう人
・焼肉の解説やうんちくを聞きたい人(齊木さんも勉強中とのこと)

個人的には摂食障害などで人との食事が苦手な人、タンだけ食べたいけど友人と一緒だと気が引けるなど、「食べる」ことに悩みや願望がある人に是非使って欲しいです。

「焼肉さいき」がオープンできたら、レンタルしてくれた人やいろいろ勉強させてくれた人が、繋がれるコミニュニティの場の提供やお店の特別予約枠など、何か恩返しがしたいと語っていた齊木さん。実は開業に向けて、焼肉屋さんでの修行も始めたと言います。

最近は焼肉に限らずいろんな飲食店へのお誘いも多いらしく、「好きなことややりたいことを発信すると、周りの人が教えてくれる」ということを体感し、レンタル焼肉食べる人を通していろんな学びを得ているようです。
○汁なし担々麺専門店「担担担」にお邪魔したよ

せっかくの出会い、後日齊木さんがやっている汁なし担々麺の専門店「担担担」にお邪魔しました。場所は渋谷の道玄坂あたり。夜はバーになるお店の昼の時間を間借りしているそうです。

そもそもなんで汁なし担々麺屋を始めたのか聞いてみたところ、

「毎日1,000円ぐらいで美味しいもの食べようって決めて、ラーメンだと種類が多いから全制覇できそうな汁なし担々麺を食べ歩いてたんですよ、そしたら自分でやりたくなって」

と、これまためちゃくちゃシンプルな回答をいただきました。そんな汁なし坦々麺を毎日食べ歩いてた齊木さんこだわりの一品がこちら。

とりあえずおすすめください! と雑にお願いしたところ、夏季限定で登場していた「冷やし汁なし担々麺」を出してくれました。価格は800円。大量にのった山椒がきいてしっかりと辛さを感じられる一品。二日酔いの日に食べたら一気に元気がでそうです!

トッピングを好きに選べるのも人気の理由らしく、温泉卵をのせたり、辛さやシビレを調節してくれたりします。ちなみに悩んだ時は好みを伝えると良しなにやってくれますよ! ボリュームもかなりあり800円でお腹いっぱい。

慣れた様子でテイクアウトしていく若い女性や、会社の同僚と2人でやってきた気のいいサラリーマンさんなど、常連さんも多いようです。

話しているだけで前向きな気持ちになれてしまう「レンタル焼肉食べる人」。レンタル方法はTwitterにリプかDMを送れば完了です! いきなり焼肉は……という方は、一度「担担担」に斎木さんに会いに遊び行ってみてはいかがでしょうか。

●担担担 渋谷道玄坂GB店
住所:東京都渋谷区道玄坂2-22-6
営業日:火・土
営業時間:12:00~15:00(日によるのでTwitterチェックしてね)

『レンタル焼肉食べる人』というサービスを開始します。1人で入りにくい、食べっぷりを見たい、寂しい、ウンチクを語りたい、人数が足りない等、の場面でご利用ください。どこへでも食べに行きます。飲食代はご負担お願いします。美味しそうに食べるのが得意です。焼肉屋さんを開業するのが夢です。— 齊木祐介 / 担担担 / レンタル焼肉食べる人 / 間借り王子 (@pamyu__pamyu_) August 6, 2020

阿部仁美 アベサトミ 1989年生まれ。求人広告の制作、IT企業の広報を経て、2018年よりフリーライター/エディター。ライティング、編集、SNS運用などWebメディアを中心に活動。オルタナティブなエンタメカルチャーが好きで万年チケット貧乏です。 この著者の記事一覧はこちら

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ