コスプレイヤーえなこがレムコスで『リゼロス』WebCMに出演、衣装のこだわりは“レムらしさ”


セガは2020年9月15日に、スマホゲーム『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories(リゼロス)』のWebCM撮影を実施。10月16日には、撮影現場で行った、CMに出演するコスプレイヤー・えなこさんへのインタビューの様子を公開した。

『リゼロス』は、人気小説を原作としたテレビアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』のスマートフォン向けゲーム。プレイヤーは、主人公「スバル」となって、アニメのストーリーを追体験しながら、「あのとき、別の選択をしていたら……」という“IFのストーリー”への運命の分岐を体験する。

えなこさんは、『Re:ゼロから始める異世界生活』に登場するキャラクター・レムの公式コスプレイヤー。WebCMも、レムのコスプレ姿で撮影された。撮影現場のインタビューでえなこさんは、作品自体への愛や、実際にゲームをプレイした感想、今回のCM衣装やキャラクターへの想いなどについて語った。

――今回のWeb CMで、ユーザーの皆さんに何を感じてほしいですか?

えなこ:今回レムのコスプレでCMに出演させていただいたのですが、コスプレの撮影をしているシチュエーションを使った、不思議な感じのCMになっています。作品のファンの方はもちろん、CMに引き込まれて、新しくゲームを始める方がたくさん増えてくれればいいなと思っています。

――『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』を遊んでみて気に入ったところは?

えなこ:私、作品のすごいファンなんですけど、スマホの中でキャラクターが2Dですごく動いてて。それだけでも感動するのですが、自身で選択肢を選べるので、その選択肢で第一期のアニメ通りの展開を選ぶこともできますし、逆に展開を変えて新たなIFのストーリーを楽しむこともできるので、作品ファンの方はもちろん、アニメをまだチェックしてない方でも楽しめるゲームだと思います。

――2019年のインタビューで「ゲームをやると人格が変わる」と言われていましたが、どんな風に変わりますか?

えなこ:ゲームといっても、人と戦うゲームだと感情的になっちゃったり、のめり込みすぎちゃって、怒っちゃったりするんですけど(笑)。ただ、基本1人でじっくりやるゲームは、そんなに感情もたかぶらず、時間を忘れて、寝ることやご飯を食べることも忘れて、ただひたすら没頭しちゃいます。リゼロスも、きっと時間なんて忘れてプレイしちゃうと思います。

――今回かわいらしい(出演キャラクターの「レム」の)コスプレですが、特に気に入っているところはありますか?

えなこ:この衣装もフィッティングのときに、「もう少し、こうしてほしい」とキャラクターのイメージを壊さないように、細かくお願いをしました。例えば、スカートの丈とかも、レムらしい丈にしてもらったりしています。腕のフリルとかもすごくこだわっていまして、ちゃんと原作通りの形になるように切ってもらったりしています。結構気に入ってますよ。

――今、コロナ禍で大変な時期が続いていますが、どのように過ごしていますか?

えなこ:皆さんにお会いできるイベントがないのは少し寂しいな、と思うんですが、ただ大変ありがたいことに最近すごくお仕事をいただいておりまして。2019年より忙しくて、本当に充実した毎日を送らせていただいております。

――今回のCM、ご自身の中で印象に残っているシーンは?

えなこ:コスプレ撮影をしているシーンを撮る、ということは今までにも何度かあったのですが、カメラマンさんを無視してスマホを触るシーンとかは、あまりやったことがなかったので、ちょっと罪悪感を感じながらやっていました(笑)。(CMのテーマである)没頭している、というのを伝えるためだったので、「すいません!」とか言いながらやってました。

――レムのどんなところが好きですか?

えなこ:最初はスバルに対して辛辣だったり、怖いなって思っていたのですが、アニメの話が進んでいくうちに、すごくスバルに惹かれていき、最後、スバルに告白じゃないですけど、想いを伝えるところなんかが、たまらなく好きですね。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ