「モバイルICOCA(仮称)」2023年春スタートへ


西日本旅客鉄道(JR西日本)は10月16日、スマートフォンでICカード乗車券「ICOCA」の機能が使える「モバイルICOCA(仮称)」を2023年春をメドに開始すると発表した。

自動改札機や店頭での支払いで、ICOCAをタッチするだけで利用できる便利さをそのままに、スマートフォンアプリの操作によって駅に行くことなく、定期券の購入やチャージが可能になる。

定期券の購入や払いもどし、チャージのほか、チャージ残額や利用履歴の確認もスマホ上で行えるようになる。支払いにはクレジットカードの登録が必要。

東海道・山陽新幹線の「スマートEX」、北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」にも対応する予定。モバイルICOCA(仮称)を登録することで、新幹線の予約や支払い、乗車まで対応できる。

このほか、MaaSアプリ「WESTER」「setowa」と連携したサービスなども提供予定で、「スマートフォンならではの機能を活用した、ユーザーの移動や生活、観光をより便利に利用できるサービスを検討する」としている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ