SiriuS、星に因んだ名曲を詰め込んだアルバムのリリースが決定

E-TALENTBANK


テノールの大田翔とバリトンの田中俊太郎によるヴォーカル・デュオ“SiriuS”が12月23日に星に因んだ名曲の数々を収録したアルバムをリリースすることが発表された。

ユニット名でもある星に因んだ名曲を歌い継ぐ企画として9月よりスタートした配信限定のシリーズでは、星々の歌をSiriuSならではのハーモニーで幻想的な星空に誘い、スタート時より好評を博している。そんな中、リスナーよりCDのアルバムも持っていたいとリクエストが多数よせられたことから、10月以降に配信する楽曲、未発表の楽曲も収録したアルバムをリリースすることが決定した。

配信企画第2弾は、夢と希望に満ちあふれるディズニー作品から「右から2番目の星」、「星に願いを」の2曲、そして、さだまさしの「ふたつならんだ星~アルビレオ~」の全3曲の配信が10月28日にリリースされることも発表となった。

さらに、SiriuS公式のYouTubeチャンネルが開設され、「すわんだふる」という企画がスタート。自粛期間中に2人のトーク配信なども積極的に行っていたが、今後は、プライベートメディアとして2人のトークや企画がさらに公開されていく予定とのこと。ファンの方々との企画もあるので、こちらも是非チェックしてみてはいかがだろう。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ