池袋・グランドシネマサンシャインにノーラン監督直筆の手紙届く「『TENET テネット』を本来あるべき最高の状態で上映頂いたこと、心から感謝いたします」

ガジェット通信



大ヒット上映中の映画『TENET テネット』。日本でのIMAXオープニング成績(18~21日の興行収入)が、全世界のIMAXにおける同作の公開4日間オープニング成績のなかで、売り上げ1位を記録したことが明らかになりました。そして、池袋の「グランドシネマサンシャイン」にはクリストファー・ノーラン監督からの直筆のメッセージが!

グランドシネマサンシャインにあるIMAXレーザー/GTテクノロジーシアターは、IMAXフィルムカメラで撮影した映像を、トリミングされることなく1:1.43のフルサイズで鑑賞できる数少ない(国内では2か所)劇場。公開初日(18日)午前0時と午前3時から最速上映を行い、午前0時の回は販売開始から約10分で完売するという盛り上がりを見せ、その後の18日分のIMAXレーザー/GTテクノロジー回もすべて完売。19日~22日の4連休でも満席の回が続出し、グランドシネマサンシャインの『TENET テネット』IMAXのオープニング興行収入(18日~21日の公開後4日間の興行収入)が、全世界のIMAXシアターにおいて世界第1位の成績を収める快挙を達成しています。

その後の勢いも止まることなく、日本での社会現象級の大ヒットに貢献したグランドシネマサンシャインに、ノーラン監督は感謝状で

「皆さんの持つ素晴らしいIMAX劇場での大成功、おめでとうございます。

そして『TENET テネット』を、本来あるべき最高の状態で上映頂いたこと、心から感謝いたします。

いつの日か東京で、皆さんの持つ巨大スクリーンで映画を観ることを楽しみにしています。」


コメントを寄せています。

その手紙を受けて、グランドシネマサンシャイン公式Twitterは「なんと!わが社に!ノーラン監督より
直筆の手紙が届きました!!感激のあまり弊社が震えております!」
と大興奮の様子(そりゃそうだ!)。



https://twitter.com/cs_ikebukuro/status/1316936905716494336

主人公・名もなき男と相棒ニールの本当の関係性、逆行と順行のパズル、TENETの本来の意味、回文書など、あらゆる所に秘密が隠されている特性からリピーターが続出している本作。まだご覧になっていない方も、ご覧になった方もグランドシネマサンシャインの大スクリーンを味わってみるのはいかがでしょうか?

【関連記事】『TENET テネット』の魅力を物理学者の山崎先生が語る 「“時間の矢”を意識した作品作り」「映画のエッセンスが全てつまっているなと思うあのシーン」

https://getnews.jp/archives/2752041

※画像はグランドシネマサンシャイン (@cs_ikebukuro) 公式Twitterより引用。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ