SL「やまぐち」号、C57形が11月22日まで運用離脱 D51形などが代走

Traicy

JR西日本は、山口線で運行しているSL「やまぐち」号について、蒸気機関車(C57形1号機)の故障により11月22日まで牽引機を変更する。

SL「やまぐち」号は10月10日、上り列車が船平山~津和野間を走行中に牽引機の蒸気機関車(C57形1号機)に不具合が発生。調査の結果、京都市の梅小路運転区での修繕が必要と判明し、運用を離脱した。

今後、10月17日と18日はディーゼル機関車(DD51形)、10月24日から11月22日までは別形式の蒸気機関車(D51形200号機)が代替機として牽引する。運転時刻や客車の編成に変更はない。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ