<キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木 最終話>神崎&黒木、“兄弟バディ”が選んだ最後の決断

モデルプレス

【モデルプレス=2020/10/16】Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、田中圭が出演するTBS系新金曜ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」(毎週金曜よる10時~)の最終話が16日、放送される。

◆山田涼介&田中圭「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」



原作は第56回江戸川乱歩賞を受賞した横関大氏による刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」で、人情派の生真面目キャリア刑事・神崎隆一と超破天荒なキレ者刑事・黒木賢司がバディを組み、池袋の街で巻き起こる凶悪事件に挑む痛快刑事ドラマ。主人公の神崎には、TBS系連続ドラマ初出演、初主演となる山田。そして、神崎とバディを組む黒木を田中が演じる。

性格も価値観も捜査方針も正反対の超凸凹バディには、幼少期から全く別の人生を歩んできた異母兄弟という誰にも知られてはいけない“キワドい”秘密があった。時にぶつかりながらも、池袋の街を守るために事件捜査に繰り出す2人が、難事件の解決を通して、強固な絆を築いていけるかにも迫る。

2人が勤務する池袋署刑事課・強行犯係のメンバーには、ジェシー(SixTONES)、八嶋智人、江口のりこ、奥山かずさといった個性豊かな面々が登場。さらに、神崎と黒木の事件捜査に関わる謎の女役で関水渚、凸凹兄弟の父親役で椎名桔平が出演する。

◆最終話あらすじ



神崎隆一(山田涼介)は、自分が犯罪者の息子だという衝撃の真実を知り自暴自棄になっていた。

一方、22年前の 「ファミレス立てこもり事件」 の捜査を担当していた副署長・澤登哲也(六角精児)の身に危険が迫っていることを知った黒木賢司(田中圭)は、澤登の元に駆け付ける。

するとそこには、行方をくらませていた父・神崎賢造(椎名桔平)の姿があった。しかし、22年前の事件の真相を澤登に迫る賢造は、隠れていた捜査員たちに囲まれてしまい―。

異母兄弟でないと知った神崎と黒木は、家族の絆を取り戻すことはできるのか!?そして、兄弟バディが選んだ最後の決断は―。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ