明治記念館で宮内庁御用達テーラーによるフルオーダー受注会開催

IGNITE


自分の体型にしっかり合わせて作るスーツは、格別の着心地だ。

宮内庁御用達テーラー「カインドウェア」は、フルオーダースーツのフィッティングを明治記念館にて3日間限定で開催する。この機会に、最高峰のフィッティングを体験してみては。

明治記念館

■KINDWAREフルオーダーについて

本物を志向する人だけがたどり着く、最高のオーダー。

フルオーダー(ビスポーク)の最大の特徴は、仮縫いを行うこと。仮縫いはフルオーダーの醍醐味でもあり、最高峰のフィッティングを提供するための外せないステップ。この過程を経ることで、ワンランク上の着心地に変わる。

カインドウェアは、1894(明治27)年創業。「世界と対等に渡り合うには洋服の充実が重要」と考えた3代目がフォーマルウェアの浸透に注力した結果、1968年には宮内庁御用達に選ばれ、フォーマルウェア業界のパイオニアとなった。

1971年には英国王室御用達テーラー・ハンツマン社と技術提携し、縫製技術の向上と礼装の近代化・国際化を取り入れ、それ以降も時代に合ったフォーマルスタイルを提案しつづけ、最高品質の技術を追求している。



今回のフィッティングでは、カインドウェア神田本店のマスターカッターである白﨑が、客の求めているスタイルを聞きながら導き出し、高い技術力と経験を最大限に反映させたフルオーダーを実現する。

■明治記念館について

明治14年、当時の赤坂仮皇居の御会食所(日本で初めての迎賓館)として今の迎賓館のある場所に建てられたのが、憲法記念館・明治記念館本館だ。明治21年、明治憲法草案審議の御前会議も開かれた会場は、瓦屋根・ふすまの把手・釘隠しなどに当時の面影が感じられる。

令和2年には歴史的・建築的価値が認められ、東京都指定有形文化財に指定。歴史を経て守られてきたものに静かに包まれる贅沢な空間にて、スーツを仕立てる。

最高峰の仕立てによるフルオーダー。今までにない一着になるだろう。



フルオーダー受注会

期間:10月23日(金)~25日(日)11:00 – 19:00
会場:明治記念館 はぎの間(東京都港区元赤坂2丁目2番23号)

※フルオーダーは全てアポイント制で、事前に電話による予約が必要。電話番号は下記URLを参照のこと。

カインドウェア神田本店:https://www.kindwaretailor.com/flagshipstore/index.html

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ