だまされないで!簡単に「信じてはいけない」男性の言葉

愛カツ


好きな男性や気になっている男性の言葉は、そのまま鵜呑みにしてしまいがちです。

でも、簡単に信じてしまうと危険なケースもあるので、そういった言葉は知っておいたほうがいいでしょう。

そこで今回は、簡単に「信じてはいけない」男性の言葉を紹介します。

だまされないで!簡単に「信じてはいけない」男性の言葉

■ 「好きだけど付き合えない」

「『好きだけど今は付き合えない』って、すごくずるいセリフですよね。なんか思わせぶりなことを言って、こっちの気持ちを惑わせてくるだけ…」(26歳/女性/販売)

「好きだけど付き合えない」というセリフには、ちょっと危険な要素が含まれています。

「好き」と伝えつつも、「付き合えない」と言うことで、深入りはされないように予防線を張っている可能性が高いかも。

「今は恋愛モードじゃない」といったセリフも同様ですが、そういったことを言いながらも近づいてはくる男性とは、簡単には男女の関係になってはいけませんよ。

■ 「マメじゃないんだ」

「マメじゃないということを押してくる男性は、ちょっと信用できないですね。それを言い訳にしようという魂胆が見え隠れしている気がする」(28歳/女性/WEBデザイナー)

自分から「マメじゃない」と宣言してくる男性も、前もって予防線を張っている可能性が大。

こまめに連絡を取り合わなくてもいいように、こういったセリフでごまかそうとしているのでしょう。

本当にマメではなくズボラな性格の男性なのか、ちゃんとチェックするようにしてくださいね。

■ 「彼女とうまくいってない」

「彼女とうまくいっていないと言って近づいてくる男だけは、絶対に信用しないようにしている。そんな言葉にだまされてたまるかって感じです」(31歳/女性/編集)

遊び人の男性や浮気相手を求めている男性がよく言いがちなのが、「最近、彼女とうまくいってないんだよね」というセリフ。

このセリフに乗せられてしまうと、男性は彼女とは別れないままで、結局はあなたが浮気相手になるだけ。

いくらその男性のことが好きでも、彼女と別れるまでは一線は越えないようにしないと、後悔する羽目にもなりかねませんよ。

■ 「君しかいないよ」

「『君しかいないよ』って真顔で言われて、その気になっちゃったことがあります。結局、ほかに3人も女の人がいて、ただ遊ばれているだけでした…」(24歳/女性/美容師)

女性慣れや遊び慣れをしている男性は、平気で甘い言葉をささやくことができてしまうもの。

「君しかいない」「一生大事にする」「ずっと好きだよ」「愛している」といったセリフを、いとも簡単に口にする男性には要注意。

そこに真剣な思いが込められているのか、口説くためだけに言っているのかは、冷静に見れば判断できるはずなので、勢いに乗せられないでくださいね。

■ おわりに

言葉は大切ですが、言葉よりも行動はもっと大切です。

口のうまい男性に乗せられてしまわないように、ちゃんとそれに伴った行動を取っているのかもチェックしてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ