ワザと!?岡副麻希が見せたパン線くっきり“安産型”ヒップのド迫力

アサ芸プラス


 フリーアナの岡副麻希が、10月11日放送の「SUPER GT+」(テレビ東京系)に出演。肌ピッタリの“つなぎ姿”にファンが歓喜の声を上げている。

この日、番組では岡副がタイヤメーカー・ミシュランの作戦本部に潜入するシーンを放送。岡副は白のレーシングスーツ姿で登場し、ピットの中に足を踏み入れたが、その際、まさかの“アクシデント”が起きた。

「岡副が階段を上る際、カメラが彼女のヒップを仰ぎ見るように捉え、白のつなぎにクッキリと浮き出た“パン線”が丸映しになってしまったのです。岡副といえばスレンダーなスタイルで人気ですが、思いのほかヒップは迫力があり、まさに安産型。パツンパツンの桃ヒップを包む肌着を想像した男性ファンも多かったのではないでしょうか」(女子アナウオッチャー)

ネット上ではこれに、「この子、ホントにイヤラしいな。普通はパン線を気にするものだけど、たぶんわざとやってると思う」「ぎゅっと引き締まったウエストにパンパンのヒップ。罪深い女子アナだよね」などなど、喜びの声が飛び交っている。

「岡副アナがレーシングスーツ姿でリポートするのは番組の定番となっていますが、あえてパン線が見えない肌着ではなく、通常のものを着用している。SNS上ではそのラインを指摘する声が少なからず上がっていることから、本人も薄々気がついているはずです。承知しているにもかかわらず“あえて”さらしているのとしたら、これほどサービス精神旺盛な女子アナはいませんよ」(前出・女子アナウオッチャー)

次回の放送も気になるところだ。

(ケン高田)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ