長嶋監督、「伝説の10・8決戦を制させた“魔法の言葉”」を中畑清が動画激白!

アサ芸プラス


 1994年の「10.8決戦」を読者諸兄はご記憶にあるだろうか?この日は、巨人と中日が69勝60敗の同率首位で並び、この試合に勝てばセ・リーグ優勝が決まるといった「巨人‐中日」の最終戦が行われた日だった。結果は投手の3本柱、槙原寛己氏、斎藤雅樹氏、桑田真澄氏の継投と主砲、落合博満氏のホームランで「6-3」と巨人が勝利。視聴率は実に48.8%を記録する国民的イベントとなった。

テレビ東京が運営するYouTubeのスポーツチャンネル〈テレビ東京スポーツ〉、の10月10日投稿回〈初告白!10.8決戦の舞台裏「運動会気分だった」長嶋監督人生最大のマジックの真相【キヨシの超本音解説】〉に、当時巨人の打撃コーチを務めていた中畑清氏が出演。その優勝の舞台裏を明かしている。

シーズン早々は快調に白星を重ねていったものの、徐々に調子を崩し、勢いを失っていった巨人。長嶋茂雄監督はミーティングで「お前ら勝つ気がないんじゃないか、好きに負けろ!」と言ったのだと語る中畑氏。そこから少しずつチームのムードが変わっていったのだそうで、「10.8決戦」試合前のミーティングでは、「今日はいいか、みんな絶対に、勝つ!勝つ!勝つ!レッツゴー!」と、長嶋監督は語気を強め、チームに暗示をかけたそうで、ガチガチに緊張していた中日ナインに比べ、巨人はどこか運動会にでも参加するようなリラックスした状態で臨めたのだと中畑氏は振り返ったのだった。

番組の最後には、ビールかけや食事を終えて帰宅した夜中の3時に、中畑氏は喜びを抑えきれず、友人である俳優の柳葉敏郎、宅麻伸、歌手の大友康平に電話をかけまくって怒られたと言ったエピソードも明かされた。

26年の歳月が流れても、番組から中畑氏の喜びが伝わってくるようだった。

(ユーチューブライター・所ひで)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ