韓国大統領・朴正煕の暗殺事件をもとに描く イ・ビョンホン主演の映画『KCIA 南山の部長たち』日本公開が決定

SPICE


イ・ビョンホン主演の映画『KCIA 南山の部長たち』2021年1月に日本で公開されることが決定した。

軍事クーデターで政権を握り、独裁者と批判されるほど絶大な権勢を振るったパク・チョンヒ(朴正煕)大統領。そんな大統領直属の機関として当時権力を握ったのが韓国中央情報部・通称「KCIA」だ。本作は、その所在地から“南山の部長”として恐れられるKCIA部長キム・ジェギュ(金載圭)が1979年10月26日に同大統領を殺害した事件を描いた金忠植氏のノンフィクション『実録KCIA―「南山と呼ばれた男たち」』を原作とした実録サスペンス映画。本国韓国では、2020年の年間興行収入第1位を記録(10月11日現在)したほか、主演のイ・ビョンホンが百想芸術大賞で主演男優賞に輝いている。

海外版予告

主演を務めたのは、『王になった男』や『G.I.ジョー バック2リベンジ』『ターミネーター:新起動/ジェニシス』などで知られるイ・ビョンホン。愛国心と大統領への崇拝、そして静かに燃える野心との間で葛藤するキム部長を演じている。また、共演には『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』のイ・ソンミン、『哭声/コクソン』のクァク・ドウォン、『1987、ある闘いの真実』のイ・ヒジュン、『ザ・キング』のキム・ソジンらが名を連ねている。メガホンをとったのは、『インサイダーズ/内部者たち』でもイ・ビョンホンとタッグを組んだウ・ミンホ監督。

『KCIA 南山の部長たち』は2021年1月 シネマート新宿ほか 全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ