横浜流星が鋭い蹴りでそびえたつ氷柱を破壊!『るろうに剣心 最終章』のアクションコーディネーターが指導したプレコール新CMを公開

SPICE


俳優・横浜流星が出演する持続性かぜ薬“プレコール”の新TVCM「闘い続ける」篇が10月17日(土)から全国でオンエアされる。


新TVCM「闘い続ける」篇では、横浜がつらいかぜをイメージした氷柱を打ち倒していく様子を、迫力のアクションとCGで上限。横浜の動きは、プレコールの特長である「速攻力」と「持続力」を、その鋭い一撃とノンストップで繰り出される突きや蹴りで表現しているという。


そびえ立つ氷柱に囲まれ、周りを見渡す横浜。覚悟を決めたかのようにキリっとした表情を浮かべ、拳を強く握りしめ、目の前の氷柱を鋭いパンチで破壊していく。さらに、粉々に砕け散った氷柱に後ろ回し蹴りを決めるなど、次々と氷を打ち砕く。崩れていく氷柱の間を颯爽と走り抜けて、最後には飛び足刀(ジャンプキック)で氷柱を撃破。さわやかな笑顔で映像は締めくくられる。


撮影では、横浜が極真空手の世界大会で優勝した自身のスキルをいかんなく発揮。一番の難所である飛び足刀の撮影では、横浜はジャンプ台などを一切使わず、すべて自身の脚力だけで跳んだという。しかし、体の位置やキックの角度など、細部まで調整を行うため、何度もテイクを重ねることに。それでも、横浜は「あと10回はイケます!」とやる気をみなぎらせたという。なお、CMのアクションは、『るろうに剣心 最終章』でアクションコーディネーターを務める川本耕史氏(ユーデンフレームワークス)が指導。現在、撮影の裏側や、横浜のオフショットを捉えたメイキングムービーも公開されている。


また、撮影にあわせたインタビュー動画も公開。映像では、横浜が映像のコンセプトや撮影の裏側に話しているほか、「筋トレをほぼ毎日しています。腕立て、腹筋、背筋を100回ずつやっています。空手をやっていたので、自分がなまけていると身体が変わっていくのがすぐわかるんですよ。体型維持という意味で、続けています」と、日ごろのトレーニングメニューも明かしている。






当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ