【ネタバレなし】原作未読・アニメ未見でも大丈夫!! 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を楽しむポイント5選!



「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、2020年10月16日より上映開始するな! 各劇場の上映回数が鬼ヤバいなど、公開前から大騒ぎだ。わかる、わかるよ……鬼滅の刃面白いもんね。

記者も週刊少年ジャンプにて全話リアタイ読破。推しキャラは善逸で、竈門禰豆子(かまどねずこ)の手のりフィギュアも持っている。そんなこんなで映画を楽しみにする、みんなの気持ちは痛いほどわかるぞ。

ただ世には原作未読、アニメ未見という方もいらっしゃるだろう。そんな方にも劇場版を楽しんでいただけるよう、押さえておくべきポイントを挙げてみた。以下、全集中して読んでくれよな!! 

・時代に合わせた王道を切り開いた鬼滅
王道の王道を行った……それが、記者の『鬼滅の刃』に対する感想だ。週刊少年ジャンプの三大原則と言えば “友情・努力・勝利──” 。記者は長年同誌を愛読しているが、この原則は年々薄れているように感じている。

面白ければそれはそれで問題ないのだが、今の時代には珍しく『鬼滅の刃』はこの原則に忠実……どころか、はるかに凌駕(りょうが)していたように思う。特に友情面なんて、友情を通り越して愛情だった。

ただの王道ではなく、今の時代に合わせた王道を切り開き貫いたからこそ、多くの人の心に響いたのだろうと考える。

・ポイント1「鬼退治」
さて “日本一慈しい鬼退治” だなんてキャッチコピーがついた『鬼滅の刃』。なるほど言い得て妙で、鬼に家族を惨殺された竈門炭治郎(かまどたんじろう)が主人公なのだ。

唯一生き残ったものの鬼と化してしまった妹・禰豆子を人間に戻すため、物語がはじまる。ぶっちゃけ、同作はこの点さえしっかり押さえておけば大丈夫。あとは何となくでも理解できることを保証しよう。

・ポイント2「兄弟愛」
上記したように、同作の根幹をなすのは妹・禰豆子の存在だ。時に鬼に飲み込まれそうになりながらも、兄・炭治郎のために的に立ち向かっていく禰豆子。心が奇麗なだけじゃない、強さを持った素敵なキャラだ。

炭治郎との絆は相当なもので、互いに支え合って生きていることが全シーンよりうかがえる。本物のヒロインというのは、こういう子のことを言うんだなと、禰豆子を見ていると感じる次第。

・ポイント3「戦いのシーン」
原作とアニメ、両方の全話に目を通した記者だが、アニメの気合の入れ様は異常だったように感じている。全カット、どの部分を切り取っても美しい。劇場版予告を見る限り、その気合は健在であることがわかる。

特に刮目していただきたいのは、戦いの場面だ。中でも登場人物たちが努力の末会得した呼吸法と剣術、このシーンが素晴らしくイケている。間違いない。

・ポイント4「煉󠄁獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)」
劇場版は、煉󠄁獄杏寿郎の物語と言っても過言ではない。煉󠄁獄杏寿郎は鬼を滅することを目的として作られた、政府非公認の組織 “鬼殺隊” を支える最上級隊士・柱のひとりだ。

劇場では集中して、彼の行動を観察してほしい。悩みを抱えつつも、どこまでも前向きな煉󠄁獄杏寿郎。男気にあふれ、一挙手一投足が最高に格好良いそんな彼の活躍に注目だ!

・ポイント5「鬼」
そして個人的に大変興味深いのが、同作に登場する鬼だ。古来より、鬼と人間は切っても切り離すことができない関係であることは周知の事実。鬼滅の刃ではそういった昔ながらの鬼の姿を踏襲しつつ、作品ならではの鬼を描いている。

鬼の姿やあり方に着目することで“日本一慈しい鬼退治” と言われた、その理由が見えてくる気がする。炭治郎たち側からストーリーを追うだけでなく、時には鬼側の視点にも立ってみては如何だろうか。

以上、非常に簡単ではあるが、押さえておくと良いかなと思う点を書き出してみた。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、原作(単行本だと7・8巻)にも登場する話だ。

原作であらかじめ予習していくも良し、なんの予備知識なく見るも良し。いずれにせよ、私たち視聴者を楽しませてくれること請け合いだぞ。それでは……公開日まで全集中待機だ!! 

参考リンク:劇場版『鬼滅の刃』無限列車編
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

この記事の動画を見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ