宇多田、Uru、平井堅、JUJU、リトグリ、浜田省吾、小田和正ら全15組による“いま、あなたの心を温める歌”、コンピレーションCD『SING for ONE』を聴く

SPICE


10月14日にリリースされたコンピレーションCD『SING for ONE』は、時代を超える大ヒットチューンを集めたベストアルバムであり、同時に2020年という特別な季節を記憶に刻むメモリアルアルバムだ。事の発端は5月31日、およそ2か月にわたる緊急事態宣言解除直後、YouTubeで配信されたライブコレクションプログラム『SING for ONE-Special Live Night-』にさかのぼる。13組のトップアーティストが自ら曲を選び、“代表曲”“いま届けたい曲”というテーマのもと、音楽の力で困難な状況を乗り越えようというメッセージを込め、ライブ映像のみで構成されたプログラムは、同時視聴4万8千人、1か月のアーカイブ期間中に200万再生という大きな反響を呼ぶ。ナビゲーターに広末涼子、大型フェスさながらのラインナップ、懐かしい映像を含むベスト・ライブパフォーマンスという設定が、世代を超えた多くのリスナーの心をとらえたことは想像に難くない。

『SING for ONE』はそのプログラムをもとに、新たに二組のアーティストを追加し、“いま、あなたの心を温める歌”をテーマに編まれたコンピレーションCDだ。約半数が配信プログラムとは選曲が異なり、ライブではなくオリジナルバージョンで収録されているので、一つの作品としての完成度が高く、曲順の妙な歌詞のメッセージ性もより深く楽しめる。『SING for ONE-Special Live Night-』がまさにあの時期に必要なものだったとすれば、『SING for ONE』はこれからも長く寄り添って行ける作品である、と言っていいかもしれない。


選曲と曲順については、なにしろトップアーティストの代表曲ばかりなので、一つひとつ紹介していくと文字数が大変なことになりそうだが、やはりポイントになるのは歌詞のメッセージ性だろう。アルバムの冒頭を飾る宇多田ヒカル「あなた」の、《多くは望まない/神様お願い/代り映えしない明日をください》という一節は、2017年の曲とは思えないほどに今をとらえているし、Uruの「あなたがいることで」の、《星が見えない孤独な夜でも/あなたが要るただそれだけで/強くなれる》というフレーズは、誰もが孤独に陥りがちだったあの時期にぴたりとハマる。平井堅が歌う「魔法って言っていいかな?」の、《一緒に泣こう/一緒にもがこう/一緒に生きよう》という歌詞は、これからも続くだろう困難を分かち合う言葉としてとても重く、そして優しい。そのほか、アルバム前半にはいきものがかり、JUJU、ゴスペラーズ、CHEMISTRY、中島美嘉ら、歌に力のあるアーティストがずらりと揃っていてテンションが途切れない。

今回初登場の二組が、若いエナジーにあふれたLittle Glee Monsterが歌う「世界はあなたに笑いかけている」と、ベテランの貫禄と包容力を見せる浜田省吾の「悲しみは雪のように」という、対照的な2曲であるのも面白い。そのリトグリの曲を境に、アルバムの前半は比較的キャリアの新しいアーティストが並ぶが、後半はぐっと重みを増して現代J-POPの基礎を築いたと言っていい重要アーティストが登場する。渡辺美里「My Revolution」や、久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL「LA LA LA LOVE SONG」など、時代を画した名曲が次々と流れ出す。TUBE「夏を抱きしめて」のような快活なポップチューンや、鈴木雅之が歌う大瀧詠一のカバー「夢で逢えたら」のノスタルジックで甘酸っぱいスタンダード感覚が、“いま、あなたの心を温める歌”というテーマの中で、新たな響き方をするのも聴きどころだ。そしてラストを締めくくる小田和正「その日が来るまで」の、《君が好きなあの街にまた/あの日々が戻ってきますように》という言葉に込めた、祈りと願いの深さと尊さ。ジャンルや時代ではなく、一つのメッセージを掲げたコンピレーションだからこそ、ラストシーンのじんわりとした感動は格別だ。

そしてもう一つ、アルバム初回プレス購入者には特典がある。『SING for ONE』に収録された15曲のライブ映像をすべて見せる、新たに企画された配信プログラム「SING for ONE-Encore Night-」がそれで、購入者限定で視聴可能な期間限定URLとパスワードがCD内に封入されているとのこと。ナビゲーターに再び広末涼子を迎え、『SING for ONE-Special Live Night-』につながる完結編として、これは見逃せないチャンスだ。ぜひチェックしてほしい。

文=宮本英夫


当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ