長州力の入場曲「パワーホール」を作曲したテクノミュージック界の大物とは?

Nicheee!

よしだ

「長州力~足が短い 長州力~腕が短い 長州力~全部短い
ナ~ニ~コ~ラ~ タ~コ~コ~ラ~」

の替え歌でもお馴染みの元プロレスラー・長州力の入場テーマ曲「パワーホール」。プロレス入場曲の中でも1・2を争う知名度をほこる曲だが、実はこの曲の作曲者「異母犯抄」はある大物テクノミュージシャンの別名義なのだ。

そのミュージシャンとは、P-MODELのフロントマンとして知られる平沢進。80年代にプラスチックス、ヒカシューらとともに日本のテクノシーンをけん引した中心人物である。
平沢自身はプロレスに全く興味がなく、この曲も適当に数分で作曲したそう。ゆえにメロディーラインもかなり単純だが、それが逆にファンの耳に残るキャッチ―さを生み出したのかもしれない。



プロレステーマ曲専門バンド「MonkeyFlip」による生演奏も迫力があるので一聴してほしい。

(written by 山崎健治)

当記事はNicheee!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ