横浜流星、“焼き芋”にテンション爆上がり 吉高由里子「こんなにはしゃぐ子!?」

クランクイン!

 女優の吉高由里子と俳優の横浜流星が15日、都内で行われたダブル主演映画『きみの瞳が問いかけている』の先行上映舞台あいさつに三木孝浩監督と共に参加した。

本作が不慮の事故で視力と家族を失った明香里(吉高)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)が織りなす運命的ラブストーリー。

横浜の意外な一面について吉高は「普段から落ち着いていてキャピキャピしないのに、焼き芋の車が通ったときのあのテンションの爆上がり方は初めて見た」と驚き顔で「こんなにはしゃぐ子!? と驚いた。それにかわいいものが意外と好き。星のカービィが好きで、ぬいぐるみをプレゼントしました」と暴露。

それに赤面の横浜だったが「焼き芋は美味しいし、効率よく栄養も取れてエネルギーになるんです」と照れつつも冷静に焼き芋を分析していた。

一方、吉高について横浜は「太陽みたいな人。現場のみんなに癒やしと安らぎと光を与えてくれる。天然ではなくてみんなのことを思ってやっている。気遣いの方。みんなを笑かそうとしたりして、そこまで気が回るのは座長としても素晴らしい。視野が広くて、その立ち振る舞いもお芝居もすべて学ぶところが沢山ありました」と尊敬しきり。

当初はそんな吉高の無邪気な振る舞いに対してリアクションに困ったそうだが「撮影も後半になるにつれて、ツッコんだり、あえてツッコまなかったり」と吉高の扱いには慣れた様子。当の吉高は「Sっ気を出してね!放っておかれる方がつらい!」と楽しそうに笑い飛ばしていた。

また、撮影現場のエピソードとして吉高から「手押し相撲が強いと言っていたけれど、私が勝ったよね!?」と明かされた横浜は「たしかに負けました。吉高さんは強いです…」と敗北宣言だった。

映画『きみの瞳が問いかけている』は10月23日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ