城田優、J-POPカバーアルバム『Mariage』12月2日発売決定 GLAY本人リアレンジの「カーテンコール」も収録

SPICE


城田優のカバーアルバム『Mariage』が、12月2日にリリースされることが決定した。

城田優がカバーアルバムをリリースするのは、前作のミュージカル・カバーアルバム『a singer』以来、約2年ぶり。

今作『Mariage』は初のJ-POPカバーアルバムとなり、当初は5月リリースを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を受けて発売が延期となっていた。そして、延期、自粛期間を受けて、更なる楽曲のブラッシュアップや選曲の期間に充てられたという。

収録曲は、宇多田ヒカル「First Love」、back number「ヒロイン」、Official髭男dism「Pretender」をなど全11曲。アレンジにはUTA、TomoLow、MANABOONといった今の日本を代表するプロデューサー陣を迎えて制作が行われた。

また、外出自粛期間中にGLAYのTERUとHISASHIとコラボしたことをきっかけに、GLAYメンバーとDJ Mass(VIVID Neon*)のリアレンジ、TERUのディレクションによるGLAY「カーテンコール」の収録が実現。アルバム最後には、自身作詞作曲のオリジナル楽曲「Mariage~君に贈る歌~」を収録することも決定し、城田優の楽曲への想いと繋がりが結実した作品に仕上がった。

なお、城田優は10月17日(土)放送のBS-TBS『Sound Inn "S"』に出演、アルバム収録曲より3曲を特別アレンジで披露する。また、エムオン!では3ヶ月連続で城田優特番を放送中しており、第二弾となる10月23日(金)には『Mariage』から4曲を披露するエムオン!オリジナルライブが放送。そして11月からは主演ミュージカル『NINE』が開幕する。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ