“美人ボディボーダー”白波瀬海来23歳、引き締まったビキニ姿 圧倒的な健康美

クランクイン!

 美人ボディボーダーで女優としても活動する白波瀬海来(しらはせ・かいら)が、15日発売の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)46号に初登場。巻末グラビアで、スポーツ選手らしい締まったボディの圧倒的な健康美を披露している。

第54回NSA全日本サーフィン選手権(2019年)で「ボディーボードウィメン」2位に入賞するなど、正真正銘の美人ボディボーダーの白波瀬は、1997年9月27日生まれ、千葉県出身の23歳。フリーペーパー『千葉美少女図鑑』掲載をきっかけに芸能界入り。2015年公開の映画『セシウムと少女』の主演に抜てきされたほか、2017年には主演映画『写真甲子園 0.5秒の夏』にて、第30回東京国際映画祭のレッドカーペットを経験した。

そんな白波瀬が今回、ビキニ姿で「ヤンジャン」初登場。スポーツ選手らしい締まったボディの圧倒的な健康美、周りがパッと明るくなる屈託のない笑顔、そこにいるだけで幸せな気持ちになる内面からにじみ出るオーラ。「こんな子に隣に居てほしい」「世の中にはこういう子が必要なんだ」と思わされるほどに“そのまま”が最高に素敵な彼女の最新撮り下ろしとなっており、明るくて前向きなオーラを感じられるグラビアに仕上がった。

なお、表紙と巻頭グラビアニは、“地下アイドル界の至宝”月埜ヒスイが登場する。

白波瀬海来が巻末グラビアに登場する「週刊ヤングジャンプ」46号は集英社より15日発売。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ