NOKKO/ANRI/佐藤竹善/小柳ゆき/石崎ひゅーいら、全セットリストを公開 【billboard classics festival 2020 in Tokyo ~音楽をチカラに~】

Billboard JAPAN



NOKKO、ANRI、佐藤竹善、小柳ゆき、石崎ひゅーいらが出演する、ライブエンタメ従事者やオーケストラ、医療従事者への支援を目指したチャリティフェスティバル【billboard classics festival 2020 in Tokyo ~音楽をチカラに~】の全セットリストが公開された。

本公演は、10月17日に東京文化会館で世界的指揮者・栁澤寿男のもと、東京フィルハーモニー交響楽団、司会の中井美穂とともに、有観客ライブと同時ライブ配信が実施される。

NOKKOはセットリストに先日訃報が報じられた筒美京平作曲による「人魚」やレベッカ時代の「フレンズ」、「Maybe Tomorrow」に加え、ピョンチャンオリンピック2018の中継テーマソングとして制作された「翼」をセレクト。その理由としてNOKKOは「怪我のリスクとパフォーマンスの調整をギリギリのバランスを保ちながら山を越えていく、そんなアスリートの雄姿をイメージして書いた歌詞ですが、現在、コロナという大変なプレッシャーとリスクのなかで日々戦っておられる医療従事者の方々にも届けたいメッセージとして、感謝の気持ちと心を共にして歌わせて頂きたいと思います」と語っている。なお、セットリストはSpotifyプレイリスト【billboard classics festival 2020 in Tokyo ~音楽をチカラに~】でも公開中だ。

また本公演では、寄付金を上乗せした「ドネーションチケット」の販売や「オリジナルマスク」、「抗菌マスクケース」などのチャリティグッズを販売し、寄せられた寄付金は「Music Cross Aid」、「日本オーケストラ連盟」、「日本医師会」の3団体に寄付される。加えて、医療従事者をライブ配信に招待する企画も実施。ANRIからは「医療現場の最前線で、命がけで取り組んでくださっている医療関係者の皆さまへ、心からの敬意と感謝の気持ちをお送りします。わたしも日頃からの感謝と真心を込めて歌って、笑顔をお届けしたいと思っています」とのメッセージも届いた。

◎公演情報
【billboard classics festival 2020 in Tokyo ~音楽をチカラに~】
2020年10月17日(土)OPEN 15:00/START 16:00
東京文化会館 大ホール(JR上野駅 公園口前)
チケット料金:
劇場観覧チケット 7,800円(全席指定・税込)
(ドネーション1000)8,800円/(ドネーション2000)9,800円/(ドネーション3000)10,800円
劇場観覧ペアチケット 15,000円(全席指定・税込)
(ドネーション1000)16,000円/(ドネーション2000)17,000円/(ドネーション3000)18,000円
配信視聴チケット 3,000円(税込)
(ドネーション1000)4,000円/(ドネーション2000)5,000円/(ドネーション3000)6,000円
出演: NOKKO、ANRI、佐藤竹善、小柳ゆき、石崎ひゅーい(順不同)
司会:中井美穂(アナウンサー)
指揮:栁澤寿男
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
演奏曲:
NOKKO「人魚」「フレンズ」「Maybe Tomorrow」「翼」 
ANRI「悲しみがとまらない」「LANI~Heavenly Garden~」
佐藤竹善「La La La」「The Lost Treasure」「生まれ来る子供たちのために」 
小柳ゆき「あなたのキスを数えましょう ~You were mine~」「be alive」「Prelude」
石崎ひゅーい「さよならエレジー」「ピリオド」「花瓶の花」
公式サイト:http://billboard-cc.com/classics/bbcf2020_tokyo/

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ